公開日:2014年5月28日 ⇒最終更新日:2016年10月27日

コンサル料金を支払えない人が取るべき行動と思考とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

debta loan コンサル料金を支払えない人が取るべき行動と思考とは?

 引用元:http://www.rakumachi.jp/news/wp-content/uploads/2013/09/debta-loan.jpg

こんばんは。

朝も昼も夜もヘブラなカエラです。

突然ですが、ついさっきまで私の思考はこんな感じでした↓↓

世の中には無料コンサルというのがあるらしい。

Free to Fee コンサル料金を支払えない人が取るべき行動と思考とは?

 引用元:http://www.virtualspeechcoach.com/wp-content/uploads/2013/03/Free-to-Fee.jpg

 

特に、まだ大きな実績が無い内の人が
指導実績を出すために、または後々に高額のコンサルをするために無料でやるという。

 

私は「コンサルとは覚悟と覚悟の契約」と思っています。

 

 

稼ぐ覚悟と稼がせる覚悟。

無料コンサルというのは、
云わば覚悟が0円の非常に薄っぺらいもの。

 

私は同級生と先輩と後輩に無料コンサルをしたことがあるのですが、
全員、挫折して行きました。

 

私の実力不足もあるでしょう。
コンサルってノウハウを渡すだけじゃないので。
それだったらインフォプレナー(情報販売者)になれば良い話です。

 

でも、彼女たちにはやはり何といっても
「覚悟」が無かった。

 

友人に対して、あるいは身近な知人、先輩、後輩に対して、
お金を払って何かを教わるってそうそうないことです。

 

むしろ、近い間柄だからこそ「よしみ」と称して
無料にするものです。

 

だから私も無料でコンサルをしていたのですが、
ネットビジネスはビジネスです。

 

稼げるという現象が実現するには
直接的(独自決済)にせよ間接的(アフィリエイト報酬)にせよ
自分にお金を払ってくれる人間が必要です。

 

覚悟が0円のまま(苦労知らず)では、
お金を払ってもらえる自分になることは
相当難しいのではないかと分析しています。

 

見ず知らずの相手、でも何かに悩んでいる相手のために、
自分の生活の何かを犠牲にする根性が出てこないからです。

 

サイトの作り方を覚えたりとか、
広告リンクの取得方法を調べたりとか、
メルマガアフィリの自動化の仕組みを練ったりとか、
コピーライティング教材にお金を使って勉強して何度も書きまくったりとか。

 

ネットビジネスには沢山の泥臭い作業・思考・時間が伴います。
アフィリエイトに関しては少額でも可能ですが、
お金以上に沢山の努力・犠牲をすることでしょう。

 

それは、時間や体力です。

 

覚悟に一切金銭を使わず、時間や体力を毎日削ってまで、
見ず知らずの人に価値を提供する作業をするだけの根性が出せる人は
中々いないと思うわけです。

 

それに気付けなかった私も悪いのです。

ーーーーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーーーーーーーーー

まぁよくある、こんな思考でした。

 

本来ネットビジネスで成功して欲しい人とは?

ただ、先ほどメルマガ登録して頂いた読者さんとスカイプ通話をして、
あることに気付いたんです。

 

 

nayami18m 500x336 コンサル料金を支払えない人が取るべき行動と思考とは?

 

「コンサルを有料にすることで、
本当に救いたい人が後ずさりしてしまい、
何もその人の現状を変えられないのではないか?」

 

はっきり言って、既にネットビジネスの世界に飛び込み、
私のように少額ながら成果も出し始めてきた人にとって、
数万円のコンサル費用って凄まじく安い方です。

 

コンサルがいかに体力仕事で、
相手に合わせて時間を費やし、
コンサル生の個別ケースに思考を費やすかを知っているから。

 

でも、まだネットビジネスについて何も知らない人、
あるいは知ってはいるけど成果が中々出ない人たちには
「常識フィルター」が掛かっています。

 

要はコンビニくらいの価格帯と比べてしまって
「うわっ私のコンサル費用高すぎっ!」
と感じてしまうのかなと。

 

そうなった時に、高い、怪しい、大丈夫かな、などと思いつつも
コンサル費用を支払える人と、どうしても捻出できない人に分かれます。

 

語弊を恐れずに言えば、
本当に救われるべきは後者ではないかと思うのです。

 

現状を絶対に変えないとまずいほど、ジリ貧生活の人。

 

副業として、本当は嫌なのに性産業を選択せざるを得ない人。

 

借金を返済するために借金をしないといけない人。

 

その状態の人の方が、ネットビジネスで成功してほしいと
感情的には思ってしまいます。

 

せっかく自分に力があるのに、
有料にすることで本来救いたい相手が戸惑ってしまい、諦めてしまい、
元の生活のままズルズルと時間が過ぎて状態が悪化していってしまい、
救えない可能性が上がってしまうこと。

 

これをさっき考えてました。

 

ただ、ここで感情に走って無料コンサルをしたところで
挫折する方が続出してしまうでしょう。

 

どんな状況にせよ、覚悟にはきちんと投資すべきです。

 

じゃあただのボヤきか、となってしまいそうなのですが、
私としてはやはりいつも言っていることになります。

 

 

nayami21m コンサル料金を支払えない人が取るべき行動と思考とは?

「とにかく相談しまくれ!」

 

別に、特別に無料で入れてもらえと言っているのではありません。

 

ネットビジネスで力がある人なら、
相手に対して適切な提案ができるだろうということです。

 

「私は無料では無理だけれど、知人を紹介します」

 

「今外注さんを募集しているので
そちらから始めるのはどうですか?」

 

「作業時間としてはどれくらいを確保できそうですかー」

 

費用面ですぐにコンサルを受けられない人に対しても
一緒に色々な道を模索してくれる人は割といます。

 

中長期的に見て、ビジネスの相手となってくれるかも知れませんし、
ビジネス云々抜きでほっとけないって言う人も多いです。

 

結局は行動するしかないと思うんです。

 

本当に苦しくて、どうしても覚悟に投資することができない人は、
とりあえず目を付けた何人かの指導者にメールを送る。

スカイプ通話OKの人ならコンタクトを送ってみる。

 

自分の現状を整理して、
相手に助言を求める。

 

ネットビジネスの世界、アフィリエイトの種類、
色々とよく分からないなら全部聞く。

 

納得行くまで、気になることは全部聞く。

 

聞かれる方からしたら面倒だと思うけど、
何らかの恩返しをいつかするつもりで
今は自分を見てもらう。

 

見てもらえる時間のありそうな人を狙う。
あまりにメジャーな人やビシッと決まりすぎてる人だと
既に大量の塾生がいるかも知れないから。

 

こういうことを、私は伝えて行きたいと思います。

 

こっちも人間なので、仏のように満遍なく救うことはできないし、
そもそもで「救う」ことが仕事でもない。

 

ネットのシステムを用いた経済的自立の支援をするのが仕事。

 

自立の先に「自由」が待っている。

 

その上で実力を付けたコンサル生、
仲間を周りに固めていくのが仕事であり強みになっていく。
それがメリット。

 

先ほど30分ほどSkype通話をした方と話していて、
ここでは云えませんが、どうしても共感せざるを得ない話を聞いて、
もし同じような心境・状態の方がいたらと思って書きました。

 

今回の記事は以上です!

最後まで読んで頂き本当にありがとうございます!

 

競合しないアフィリエイトがあります。

コメントを残す