小林麻央さん等の乳ガン患者にお洒落なブラジャーを届けたいYさんにSEOを教えた話

公開日:2014年8月4日 ⇒最終更新日:2016年10月27日

プレーヤーを放棄したらコンサルタントは終わり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

seo 10 プレーヤーを放棄したらコンサルタントは終わり。

引用元:http://www.626wf.com/cms/wp-content/uploads/2008/11/seo_10.jpg

 

おはようございます!

 

海へ行ったは良いものの
日焼けしすぎて松崎し●る並に黒くなったヘブラカエラです。

 

日光を甘く見てしまい冗談抜きで全身激痛ですが、
身体を動かさなくて済むPC作業が仕事で本当に良かったと
改めて自分の環境に感謝できています(なんじゃそら)。

 

2014年上半期の反省

 

さて、最近、というか2014年の上半期を走り抜けてきて、
私がつくづく痛感してきたことがあります。

 

 

プレーヤーとコンサルタントの両立は難しい!

 

 

コンサルタントとは生徒の成果を伸ばす人であり、
プレーヤーは自分の成果を伸ばす人です。

 

私のメルマガには同業者の方も増えてきて、
中には7桁以上の稼ぎを得てコミュニティ運営をされている方までいらっしゃるのですが、
私が知る限りでプレーヤーとコンサルタントを両立出来ている方は1,2人だけです。

 

つまり、どちらかに偏ってしまうのです。

 

特にコンサルに偏ってしまい、
個人の実力を伸ばす時間を割けない方が非常に多いです。

 

これには初心者があまりに初心者であることも理由としてありますし、
指導者の実力不足もあるでしょうし、
人間性の相性も少なからずあると思っています。

 

資料をパッと渡しても、大抵の人はすべてに目を通しませんし、
コンサル生限定の情報提供を豊富に行っても
日々仕事で疲れきって虚ろな目でPCに向かうコンサル生は
そこまで手が回らないことも多いです。

 

コンサル生から何か質問を受けるまで指導者が動こうとしない
「待ちのコンサル」ばかりしていると
コンサル生が燃え尽きたことも知らずに時間が過ぎていき、
評判(ブランディング)はガタ下がりになっていきます。

 

初心者相手のコンサルはハッキリ言って
頭脳戦ではなく根性戦です。

 

学生でもない限り、多くの大人の自由時間は深夜帯です。

 

深夜帯にチャットの書き込みが殺到し、
メール返信が相次ぎ、時にはスカイプが鳴ります。

一時期、夢中になりすぎて昼夜逆転しかけたこともあります。

 

私の場合、今でも対応はほとんど変わっていませんが、
「コンサル」から「チーム運営」というスタンスに切り替え、
なるべくチーム生に自立してもらうよう心掛けています。

 

ありがたいことにメール返信・スカイプを頂くことが増えてきましたが、
その半分以上は

「コンサルを受けたいのですが」

というご要望です。

 

5月までは快く受け入れていましたが、
今では私のプレーヤー時間を確保するために

「塾ではなくチームであることをご理解ください」

と必ず伝えています。

 

私は高額塾は今のところ絶対に開きたくないので、
チームとして対等な立場で成長し合える仲間のいる環境づくりが最善の選択なのです。

 

まぁ実質、トレンド(アドセンス)アフィリのチャットはコンサルのようなものですが(;^^)ゞ

 

コンサルだけだと・・・

で、で、で、今回の話の肝になってくるのですが、
プレーヤーをほぼ放棄してコンサルだけを行う方が少なからずいらっしゃるのですが、
それではどんどんマインドが落ちて行きます。

 

一側面だけで語れない部分の話なのですが、
確実に業界戦士としての「圧」が減っていきます。

 

情報発信やアフィリエイトの市場も生き物ですから、
習性だけを掴んで放っておくと逃げられてしまうんですよね。

 

自分の捉えているビジネス市場の残像(主観的な習性)と
リアルタイムで動いている市場の波長(現実の事実)とのズレは
時間が経つたびに大きくなっていきます。

 

ビジネスではありませんが、
昭和を良き時代とみなす人々が平成に文句を言っても、
平成に生まれた若者には感覚として共感できないことと似ています。

 

「ビジネスの本質なんちゃら」も大事ですが、
一番に大事なのは追い続けることです。

 

追う速度や追い方は自分なりで良いですが、続けないとダメ。

 

まぁ、20代前半で10億の資産を築いてセミリタイアされた方もいるので、
一概には言えませんけど。

※最近また活動されているそうですね。

 

コンサルはしてほしい

ぶっちゃけた話、
「コンサルタントになりたい」と目を輝かせる人はごくごく少数です。

 

特に本業が好きだけどネットビジネスもやりたいという方は
プレーヤーとしての自分にしか目を向けないでしょう。

 

しかし、私個人の思いとしてはコンサルタントは必要です。

 

私が業界に参入した時に、
もし教材を買って独学でやっていかなくてはならなかったとしたら
不安で不安でたまらなかったと思います。

 

私は参加したチームで頻繁に質問する方でしたが、
ある程度知識を得たら勝手にガリガリ進めていくタイプでした。

 

でもそれって、指導者がいたからなんですよね。

 

何か困った時、自分の浅い経験値と知識では対応できない時、
相談できる指導者がすぐそこにいてくれるだけで何倍も心持ちが違います。

 

自分の走った先も見えてくるので
安心感が違うんですよね。

 

コンサルは大変ですし、
現に私もスタンスを途中から変えていますし、
コンサルだけやっていてもマインドが落ちますし、
プレーヤーとして自由気ままに過ごしたい気持ちもとても分かるのですが、

相手を稼がせる責任と向き合いながら、コンサルの道も考えて欲しいな~と。

 

アフィリエイト業界の活性化のためには、
広告主が広告費を払ってでも参加したいと思える環境が必要で、
それには良質なアフィリエイターたちの存在が必要不可欠です。

 

良質なアフィリエイターにまで育つには、
コンサルタントの存在が、不可欠とまでは言いませんが、
あった方が絶対に勢いが増します。

 

アフィリエイターというワークスタイル・価値観を広げるために
私もプレーヤーを磨いていきます。

 

ではでは、今回はこの辺で。

いつも最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

PS.

コンサルは身近な友人から始めた方が、
後々に生きてくると感じています。

 

10人に1人くらいしかアフィリエイトを
ビジネスとして取り組んでくれる人はいないでしょうが、
損得勘定だけで割り切らないマインドが磨かれます。

 

PPS.

日焼けってほっとくしか道は無いのかと思っていたんですが、
塗り薬なんてあるんですね↓↓

 

10484284 255353177997002 6012680285187822232 o プレーヤーを放棄したらコンサルタントは終わり。

 

筋肉痛とあいまって肩から上が固く萎縮してしまっていますが、
このキップパイロールを塗って数日間もがいて行きます。

 

PPPS.

最近の私のサイトアフィリの様子です↓↓

 

siteaffili note プレーヤーを放棄したらコンサルタントは終わり。

 

私は学校の勉強ではノートよりルーズリーフ、
ルーズリーフよりPCのメモ帳派だったのですが、
サイトアフィリではノート一択ですね。

 

思考の跡がそのまま宝になっていきますので。

 

乳ガン患者にお洒落なブラジャーを届けたいYさんにSEOを教えた話

競合しないアフィリエイトがあります。

2件のコメント

  • 福井

    あれだけチームチャットにいるときにでも
    このようなことをずっと考えられているのですね。…

    僕はたぶん偏っていってしまうと思います(´・ω・`)

    • へブラカエラ

      福井さんコメントありがとうございます!

      偏りが悪い訳ではありません。

      ただ、アフィリエイターというワークスタイルの価値観が
      まだまだ正しく十分に浸透していないので、
      そのお手伝いをしてくれる方はどんどん出てきて欲しいと思っています。

      もちろん、自分に余裕ができて初めて可能なことだと思いますので、
      福井さんの中で精神的・経済的なゆとりが生まれたら
      再度考えてみて頂ければ幸いです^^

      ヘブラカエラ

コメントを残す