公開日:2015年1月7日 

「ワードプレスとシリウスの違いはなんですか?」という質問の意図

このエントリーをはてなブックマークに追加

ws000331 vert 「ワードプレスとシリウスの違いはなんですか?」という質問の意図

どうも、チームHK生にコピーライティングを教わったヘブラカエラです。

今回の主題は、システムやツールのお話ではありません。

売れる文章、コピーライティングのお話です。

 

昨日チーム生から、個別チャットでこんな質問をもらいました。

marketing 「ワードプレスとシリウスの違いはなんですか?」という質問の意図

 

最近チームHK上級コースの特化サイトアフィリチャットに参加された方で、
サイト作成においてシリウスを使うべきかWP(ワードプレス)を使うべきか悩まれていました。

 

上の会話の前にシリウスの使用方法について聞かれていたので、
サーバー会社によって設定方法が異なることなどを答えていたのですが、

「シリウスとWPの大きな違いはなんですか?」

遅くともこの質問が来た時点で、私は思考を変えるべきだったのです。

 

検索の目的に気付け

そのチーム生がこの質問をしたのは、

「自分の特化サイトのスタイルにはどちらが便利なのか」

が知りたかったからです。

 

決して

「MySQLを消費するかしないかの差です」

ということを知りたかったわけではありません。

 

いえ、正確に言えば順番が違うのです。

 

まずターゲットが知りたいのは、結論です。

大事なのは、「ターゲットにとっての結論」です。

 

今回のターゲットの結論は以下の二択が考えられます。

 

・(小規模サイトの量産をしたいから)シリウスを使えば良いんだ

・(大規模サイトを構築していきたいから)WPを使えば良いんだ

 

※シリウスでもパワーサイトは構築できますが、
サイトのカスタマイズや記事更新&修正の簡単さではWPに軍配が上がります。

 

ターゲットの質問の意図を読み取り、
先回りしてターゲットにとっての結論を出してあげられれば、

「そうそう、それが知りたかったんです」

と大きく共感を得られます。

 

これはライバルとの大きな差になります。

 

あなたも、調べ物をしていて、どうも的が外れているというか、

「そこじゃなくてさぁ…」

とイライラしてしまった経験がありませんか?

 

離脱率という値はサイト評価において非常に重要なものですが、
今回の話を意識しないと、サイトから抜け出すユーザーは格段に増えてしまいます。

 

ユーザーは本来、訪れたサイトで疑問や欲求を解消したいのです。

しかし、「求める答えが見つからない」と混乱してしまうため、
やむなくサイトを離脱するのです。

 

私の尊敬する濱本さんの定義

サイトアフィリだけでも月5000万円以上など
明らかに常軌を逸した成果を出し続ける
濱本浩二さんという方がいらっしゃいます。

 

月収100万円以上のサイトアフィリエイターの多くが受講する
LFMという講座の長を務める濱本さんは、
「アフィリエイター」という言葉を以下のように定義しています。

 

「私たち(アフィリエイター)は、

ユーザーの翻訳家であるべきなのです。」

 

ユーザーの表向きの検索キーワードと、
本来知りたい、あるいは満たしたいキーワードは異なるのです。

 

それを見通した上で、検索キーワードの背後にある
ユーザーの状況や心情に対して答えを出してあげるのです。

 

これができるアフィリエイターはライバルよりも
成約率が1ケタ以上違うでしょうし、
記事で伝えることもシンプルになっているでしょう。

 

正解例

もしあなたが

「ワードプレスとシリウスの大きな違いは何か?」

というタイトルを付けて記事を書くとしたら、

記事ページのファーストビュー(開いて最初に目に入る範囲のコンテンツ)には
真っ先に先ほどの二択の結論を出すべきです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ワードプレスとシリウスの大きな違いは何か?」

 

・(小規模サイトの量産をしたいなら)シリウスが便利!

⇒量産で稼ぐ特典付きシリウスレビューはこちら(内部リンク)

・(大規模サイトを構築していきたいから)WPが便利!

⇒大きなアクセスを無駄にしない、「ファン化」マニュアルはこちら(内部リンク)

 

◆小規模サイト量産を考えている方へ

エックスサーバーはもったいないかも?

⇒実際に使ってみて良いと感じた格安レンタルサーバーまとめ(内部リンク)

 

◆大規模サイトを構築していきたい方へ

膨大な記事のネタをどこから探してますか?

⇒誰でも効果的なキーワードを1時間で100個見つけられる方法まとめ(内部リンク)

 

◆【豆知識】なぜワードプレスは小規模サイト量産に向かないの?

WPを1つインストールするとMySQLという項目を消費して…(以下本文)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

コンテンツに絶対的な正解の形はありませんが、
上記の記事構成例はその正解の形の中の1つです。

 

ターゲットの結論からその後の道筋を端的に示すことで、
ユーザーは「ストレス無く」アクションを起こすことができます。

 

内部リンクで誘導すれば滞在時間も訪問別PVも離脱率も
良い値が出るようになるでしょう。

 

コピーライティングを考える時、
どうしても「文章の運び方」や
「表現方法」を考えてしまいがちです。

 

しかし、ユーザーが本当に求めていることを
「気を利かして」スムーズに差し出してあげることの方が
案外ずっと大事だったりするのです

 

・・・ということを、

昨日チーム生とのやり取りでハッと気付かされました。

まだまだ、俯瞰力が足りないなと猛省しております。

 

今回の記事は以上です。

ぜひ、あなたのネットビジネスに役立ててください。

 

PS.

先月は大量の月収10万円突破者が出ました。

個別にご連絡いただいている方の最終的な報酬額は以下のようになりました。

まちゃきさん⇒月収16万円(YouTube)

ユウヤさん⇒月収24万円(YouTube)

坂本さん⇒月収12万円(YouTube)

わーにゃさん⇒月収15万円(芸能ブログ)

マサさん⇒月収62万円(YouTube38万円、サイト24万円)

 

今後もチーム生と一緒に稼いでまいります!

 

 

競合しないアフィリエイトがあります。

コメントを残す