【PR】月10万前後稼ぐ商標1位のペラサイト公開

公開日:2018年6月11日 ⇒最終更新日:2018年7月25日

.xyzドメインのペラサイトがインデックスされない問題。Googleがフィルターをかけた模様

Pocket


filter .xyzドメインのペラサイトがインデックスされない問題。Googleがフィルターをかけた模様

icon arrow1 r .xyzドメインのペラサイトがインデックスされない問題。Googleがフィルターをかけた模様お名前ドットコムで「.xyz」はたった税込31円で買えちゃう。

100個ペラサイトを量産しても31円×100個=3100円。お得!

ということで長く駆け出しエイターやペラサイト職人に愛されてきた「.xyz」ドメイン。

しかし、2018年に入ってからというもの、新しく取得された「.xyz」ドメインは全然Google検索結果に表示されなくなりました。

ツイッター上の悲鳴

xyz no index .xyzドメインのペラサイトがインデックスされない問題。Googleがフィルターをかけた模様

 


みんな言わないだけで結構「.xyz」ドメインがインデックスされない、順位つかないって問題に直面していたんですね。

そして突然の「.pw」ドメインへの流れ弾がアツイ。

 

私も4月に仕込んだ「.xyz」の日本語ドメインペラサイトが順位つきません

私はふだん中古ドメインしか使わないのですが、4月にアドセンス広告経由で無料で「.xyz」ドメインをゲットできる機会があったので取得後、商標のニッチなワードでペラサイトを作成しました。

icon arrow1 r .xyzドメインのペラサイトがインデックスされない問題。Googleがフィルターをかけた模様https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url?hl=ja

↑↑以前まではこの所有者確認不要のサチコっぽいサービス(検索エンジン登録ツール)に送信すれば数秒でインデックスされたのですが。。。

それから2ヶ月経った今でも狙ったキーワードで圏外のまま。

URLで検索をかけるとインデックスはされているのですが、全く順位がつかないんですね。

去年から作ってた「.xyz」ドメインのサイトは特に問題ないので、新しく「.xyz」ドメインを取得してサイト作成をすると、どうやらGoogleにフィルターをかけられて順位が付かなくなってしまうようなのです。

 

先ほど挙げたツイートでも述べていますが、安いドメインを大量に必要とするなんて、アフィリエイターや詐欺サイト量産業者くらいしかいません。

Googleは公言こそしませんが、基本的にアフィリエイトサイトが嫌いなので、アフィリエイターが多いと分かったら何かしら対策をしてきます。

明らかに.comなど他の王道といえるドメインよりも量産スピードが早く、かつ全てアフィリエイトサイトだったり、1枚だけのアフィリ目的のペラサイトだったりと、異質なところが目立ったのでしょう。

いずれはGoogleのフィルターが緩和されることもありえますが、しばらく.xyzドメインは取得しない方が安全ですね。

同じ理屈で、お名前ドットコムで現在たった1円で取得できる「.work」(ただし日本語ドメインは不可)もそのうち規制されるリスクがあります。

  1. .com
  2. .net
  3. .info
  4. .org
  5. .biz
  6. .jp(高額なのがネック)

せいぜいこれら6種類のドメインに絞って取得するのをオススメします。

何ヶ月も経ってからインデックスされない話聞いても遅いじゃないですか?

もしあなたがペラサイトなど量産主体のアフィリエイターなら?

量産エイターにとっては死活問題です。

だって他のドメインは高いですし、なんか最近はドメインのセール価格も減ってきましたからね。

なので、量産がメインのアフィリエイターは、というか私も量産エイターなんですけど(笑)

威力の高い中古ドメインをメインにすることをオススメします。

たったそれだけで、量産の効率はもちろん稼げる金額が何ケタも跳ね上がります。

実際、私が今開いているSEO作業会のオンライン指導版では、サイト作成からわずか10日で初報酬を挙げられた方もいるくらいです↓↓

同じ量産でも、しっかり良質な中古ドメインを使うだけで、サイトアフィリエイトはテストをカンニングして受けるくらい有利になります。

中古ドメインは基本的に

  1. .com
  2. .net
  3. .info
  4. .org
  5. .biz

これらの昔からある王道のドメインの種類であることがほとんどなので、今回みたいなフィルターにかけられることもありません。

長い目で見ても安全なんですね。

ただ、中古ドメインといえば、独自技術で仕入れた業者から高値で買うというイメージが根強く、1個数千円~高いものだと10万円のものまであるほど高価な印象を持つ方が多いでしょう。

しかし、私の主催する有料のSEO作業会オンライン指導版では、「自分で」「原価で」中古ドメインを取得する方法を徹底添削サービス込みで指導しています。

そのため、ドメイン1個の通常料金である1000円くらい、セール価格になっていればわずか数百円で、良質な中古ドメインを自分で仕入れられるようになります。

だからこそ先程のような速攻の初報酬なんていう実績もたまにですが出てきますし、今後も量産すればするほど報酬の伸びも新規ドメインの比ではないくらい伸びてきます。

 

ただ、いかんせん添削サービス込の手法ゆえ、私のキャパがいっぱいいっぱいになるのを避けるため、不定期の有料募集となっています。

毎回の募集人数も1人だけとかだったりするので、そもそも申込画面に至れない人のほうが多いという謎ゲームになっています。

中古ドメインの情報はネット上に数多ありますが、自分で原価で取得し、さらには良質なドメインを高確率で当てるということに特化した添削サービスは私が知る限り存在しません。

ご興味があるようでしたら、ぜひネットで情報を探してみてください。

自分で取得する方法はいくつか出てきます。

ただ、添削サービスはありませんし、数ある中古ドメインの中から「コレは良質だ」と判断する「感覚」をハッキリ言語化できているサイトはありません。

なお、今までの話は、「.com」など王道の新規ドメインで大規模サイトを構築する方にとってはあまり関係ありません。

 

あくまで、私のようにサイトを量産することで収益の安定を図るタイプの個人アフィリエイターにとって、格安ドメインにフィルターがかけられた現在どうするべきなのか?という選択肢のお話でした。

icon arrow1 r .xyzドメインのペラサイトがインデックスされない問題。Googleがフィルターをかけた模様SEO作業会の詳細はこちら

 

Pocket


【PR】『SEO作業会』リリースしました

コレだ!という1本の柱をつくりたいあなたへ

コメントを残す