公開日:2016年12月31日 ⇒最終更新日:2018年1月6日

【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

Pocket


前提1:アドセンスの言葉自体知らない・アフィリエイト初心者・異業種の方でも理解&読み進めて実践できるよういちいち例えを入れています。

前提2:主な収益を出すのはGoogleが配信するアドセンス広告のみです。

前提3:月額の運営コストは合計600円(税抜)くらいです。

前提4:アフィリエイトを通じて異業種コンサルタントへと進みたい人を増やすためにこの記事を作っているので、一部はクローズド読者様限定としてます。(詳細は後述)一緒に活動したい!という方を集めたいんですよ。

 

この設計方法で作ったワードプレスブログで
私は数百万円を稼いできたし、
何よりアドセンスほど初心者に向く広告モデルも無いと思うので
ぜひ実践してみて頂けるとうれしいです。※今後も加筆予定です。

 

ステップ1.アフィリエイト業務に必須の無料アイテムを準備する。

Googleクローム

browser googlechrome 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

PCでもスマホでも、便利な機能が多く通信速度も早いGoogleクロームでインターネットを開くようにしてください。

 


 

Googleスプレッドシート

spreadsheet 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

無料で使える、ネット上のExcelのようなものです。

どのパソコンからも、スマホやタブレットからもアクセスできて編集ができます。

パスワードやログイン情報をこのシートにまとめることで、「あれ、パスワード何だっけ?」という無駄な時間を省きます。

今後サーバーやらドメインやら色々なサービスを利用するので、たくさんパスワードやメールアドレス、ユーザー名などの情報を記録していくことが必要になります。

必ず毎回このスプレッドシートに記録していくようにしてください。

何かの時のためにスマホにもスプレッドシートのアプリを入れましょう。

⇒Android用はこちら

⇒iPhone用はこちら

 


 

Googleアドセンス

adsense 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

無料で始められるアフィリエイト広告サービスです。

クリックされるだけで報酬が上がるので稼ぎやすい分、登録に審査があったり、他のアフィリエイト広告サービスに比べて規約が厳しいのが特徴です。

最初に稼ぐ手段として、当サイトではこのアドセンスを推奨しています。

⇒アドセンスアカウントをまだ持っていない方はこちら

※独自ドメインが必要なので、
まだサイトを持っていない初心者の場合、
アドセンスアカウント取得は後回しになります。

 


 

アラマキジャケ

aramakijake 0 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

特定のキーワードの月間の検索回数を数値で示してくれる無料サイト。

aramakijake ex 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

例:「メガトンパンチ」
⇒ヤフージャパンの月間検索数は793、
⇒Googleの月間検索数は約648。

「月間検索回数」とは?

1ヶ月の間に、その単語をGoogleまたはヤフージャパンで検索する人が日本でどれくらいいるのか、という数値。日本じゃなくて世界を含むこともあるが、基本的には日本国内を指す。

 


 

Googleトレンド

google trends 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

特定の単語(=キーワードまたはKWと呼びます)が検索される年間の数の推移。

 

 

例えば↑↑では「朝バナナダイエット」というキーワードを調べたところ、2008年9月が一番盛り上がっています。この時がブームのピークだったわけですね。

 

なので、2008年に朝バナナダイエットに特化したサイトを作れば沢山のアクセスが集められて、アドセンスでも稼げたでしょうが、すっかり検索回数がなくなってしまった今から作っても全くアクセスが集まらず、稼げないまま時間がすぎるということです。

 

アドセンスでは、特にこの検索ボリュームの推移は重要です。

数年前から今年にかけて、右肩上がりの折れ線グラフになるキーワードを選ぶのがコツです。

 


 

写真AC

 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

著作権フリーの無料画像素材サイトです。引用元の明示も不要です。

利用にはメールアドレス登録だけ必要ですが、変なメールラッシュも無く快適に利用できます。(1年以上利用していますが、1度もメール来たことがありません汗)

国内での無料画像素材サイトの中で断トツの品揃えなので、言い方は汚いですが他の素材サイトを使うのがバカらしくなります。

著作権に厳しい今のご時世でも安心して画像を商用利用できるので、私の外注ライターには全員登録してもらっています。

※私は利用頻度が激しいので有料会員になっていますが、無料会員でもそんなに困ることはありませんのでご安心ください。

 


 

ガリドロ

girlydrop 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

著作権フリーサイトの中でも唯一女子力の高い無料画像素材サイトです。

まるでインスタグラムにあるような可愛い雰囲気のある画像なので、美容系のジャンルなどでサイトを作る際には重宝するでしょう。

メールアドレスの登録は不要で、すぐに画像ダウンロードが可能です。

ただし先ほどの「写真AC」に比べると極端に画像数が少ないので、そこは妥協が必要です。

 


 

なんもじ

number count 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

文字数をチェックするのに役立つ無料サービスです。

記事のタイトルの文字数をカウントするのに必須です。

 

以上ご紹介したサイトを必ずブックマークに追加して、すぐにページを開けるようにしておいてください。

机の引き出しに常にハサミやノリなど文房具がしまわれていて、
工作のたびに使えるようにするイメージですね。

ステップ2.アドセンスサイトに向いたジャンルを選ぶ

まずはアラマキジャケを使って、

「このキーワードは検索する人多そうだな」

と、あなたの思いつく限りの言葉をアラマキジャケで検索にかけてみましょう。

 

最低15万回以上/月のキーワードを選ぼう!

例えば先ほどの「メガトンパンチ」の月間検索回数は約800回/月でした。

アドセンスで稼ぐには、これでは少なすぎます。

毎月の検索回数が大きいものほど、沢山のアクセスを集めやすいので、アドセンスでも稼ぎやすくなります。

 

adsense sea small river 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

 

例えると、魚をとるなら小川で釣りをするよりも
海で網をかけておいた方が漁獲量が何千倍も違うようなイメージ。

より大きな海で魚を集めましょう。
その目安が15万回/月、できれば20万回以上/月です。

例:「髪型」。

 

季節トレンドなキーワードはやめましょう

例えば「花見」というキーワード(ジャンル)は春しか検索回数が増えません。

一方で「髪型」というキーワード(ジャンル)は1年中検索回数が多いままです。

 

一過性のブームに乗るのではなく、
堅実に稼ぎ続けられるキーワード(ジャンル)を選びましょう。

 

年ごとの検索ボリュームが右肩下がりのキーワードはやめましょう


例えば「カラコン」の検索ボリュームの年推移はこちら↑↑。

スマホの普及のおかげで右肩上がりかと思いきや、
ここ数年では右肩下がりになっています。

これでは1年後、3年後、10年後も稼ぎ続けてくれる
サイトができるとは思えません。

アドセンスサイトは基本的に長期的に儲かるビジネスですので、
短期決戦には向きません。

逆に言えば、将来に向かって育てていくことで有利になっていくのです。

Googleトレンドで、右肩上がりなキーワードを選びましょう。

 

ステップ3.レンタルサーバーと独自ドメインを契約する

cats 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

(レンタル)サーバー=あなたが借りたマンションの部屋(家賃が毎掛かる)

独自ドメイン=あなたの部屋の表札(使用料金が毎掛かる)

このように賃貸マンションに例えると分かりやすくなります。

 

サイトを運営するには、絶対にこの2つが必要です。

アドセンスアカウント取得方法の記事でも書いたように、
今は無料ブログではNGになったので、
最初から有料のサーバーとドメインの契約をしていきます。

 

「えっ?お金かかるんですか?」

 

と思うかも知れませんが、ビジネスにはコストが付き物です。

でもご安心ください。

最大限安く抑えながら、
長い目でサイト運営ができる方法
をご紹介していきます。

具体的には月額600円くらいあればOKです。さすがにOKでしょう?

 

ちなみに私は苦学生時代、
自炊&バイト生活でこの600円を捻出しました。
だから大丈夫、あなたにも出来る。

 

※サーバーならびにドメインは、
 少額ではありますが有料課金ですので、
契約だけして何もしないまま課金が続くことのないよう

 かならずジャンル選定が決まってから取得してください。

 

注意!

ここから色々な登録情報やパスワードなど、
メモを残しておかないといけない情報がたくさん出てきますから、
必ずGoogleスプレッドシートにそれぞれメモをしておくようにしてください。

spreadsheet memo 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

※Googleスプレッドシートは自動保存されるので、
「上書き保存」や「名前を付けて保存」などの操作は不要です。
安全ですよね^^

 


 

解説するYouTube動画を見るのがグッと便利になる豆知識2つ

 

YouTube動画を2倍速で見て時間短縮する方法

 

 

1つのPC画面で2つのページを同時に開き、作業を超効率的にする方法

 

 


 

オススメのレンタルサーバー会社はこちら

wpXクラウド

アドセンスサイト運営に最適なレンタルサーバー会社です。

アドセンスで稼ぐということは、
遅かれ早かれ莫大なアクセスを呼ぶことになります。

1DKのマンションの部屋(=サーバー)の中に50人なんて入れないですよね。

ましてや1万人なんて。

 

部屋に来る人数=アクセスが増えてきたら、
すぐに広い部屋に引っ越せる=アップグレードできるのが特徴です。

他のサーバー会社に比べて、とにかく広い部屋の種類が豊富で、最大で1日80万アクセスにも耐えられるグレードまで用意されている鉄壁の守護神です。

 

しかも一番安いプランは月額500円からというお手軽さが魅力。

唯一の欠点が、口座引き落とし設定ができないこと。早く対応してほしいです。頼むよ。

 


 

オススメのドメイン会社はこちら

お名前.com

 

数ある中でも断トツでセール開催の多いドメイン販売会社です。

値段が安いこと以外にも、管理画面が見やすいことや、
毎年のドメイン使用期限の更新日の前に
ちゃんとメールで通知してくれる(=もし解約したい時も解約し忘れが無くなる)
など、かゆい所に手の届いたサービスも嬉しいです。

icon arrow1 r 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめドメイン取得費用をさらに激安にする方法があります

 

ドメイン取得後の設定(11枚の画面キャプチャーで解説)

domain navi1 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

icon arrow1 r 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめドメインNaviログインページからログインする。

 

domain navi2 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

「ドメイン設定」をクリック。

domain navi3 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

「ネームサーバーの変更」をクリック。

domain navi4 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

先ほど取得したドメインの隣にあるチェックボックスをクリック。

domain navi5 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

チェックボックスの下にある

「登録情報は正しいので、手続きを進める」

をクリック。

domain navi6 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

「他のネームサーバーを利用」

のチェックボックスをクリック。

domain navi7 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

すると現れる入力欄に、下記をコピペ。

1プライマリネームサーバー ns1.wpx.ne.jp
2セカンダリネームサーバー ns2.wpx.ne.jp
3 ns3.wpx.ne.jp

 

domain navi8 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

↑↑の画像のようにそれぞれ入力して「確認画面へ進む」をクリック。

domain navi9 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

「設定する」をクリック。

domain navi10 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

しばらく待つ。

domain navi11 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

右の「状態」の欄が「完了」になっていれば、
ドメインの設定は完了です!

※wpXクラウドとドメインが完璧に結びつくには、
 これだけでは足りません。

 

今はドメイン会社のサイトから設定したので、
次はサーバー会社のサイトから設定が必要です。

 

サーバー会社のサイトから設定&ワードプレス(WP)の導入

wpXクラウドにログインする。

wpx cloud setting 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

↑↑この表示が外れたら、設定を開始できます。外れるまではできません。

 

 

ステップ4.テンプレート(テーマ)を入れてWPの各種設定を済ませる

ワードプレスとはいわば、レオパレスなど大手マンションにあるような、
備え付きの家具セットみたいなものです。

 

机に椅子、洗濯機、ベッドなど、家具が一式揃っていると、
入居してすぐ生活ができますよね?

ワードプレスも同じで、
マンションの部屋(サーバー&ドメイン)に導入することで
サイト運営に必要な機能が一セット丸ごと備え付けることができます。

 

そして、ワードプレスには「テンプレート」があります。(テーマとも呼ぶ)

備え付きの家具セットでも、レオパレス仕様など、
会社によって備え付きの家具の仕様が異なりますよね?

その仕様の中でも優秀で、かつ使いやすく、
そして無料の「Simplicity2」をご紹介します。

 

無料テンプレートのダウンロード&WPに導入


icon arrow1 r 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめSimplicity2ダウンロードはこちら
※リンク先で画面を少し下にスクロールして頂くと「ダウンロード」の表記があります。

※ダウンロードするファイルは2つあります。

  1. simplicity2.4.0e
  2. simplicity2-child20161002a

2つとも必要なので必ず両方ダウンロードしてください。

(バージョンを表す赤字の数字部分は今後、
作成者が改訂したら変わることがあります)

 

 

※WP管理画面にログインする時、
「wordpress.com」というサイトからはログインできないので注意!

必ずあなたのドメイン名に/wp-adminを足したURLからログインする。

 

ワードプレスの各種設定

「設定」⇒「一般」

「キャッチフレーズ」を整える。
カンタンな説明文を入れる。

例:サイト名が「カフェの情報まとめ」

⇒「お洒落なカフェの情報をまとめました。かわいいインテリア、雑貨、思わず写メをインスタグラムにあげたくなるカプチーノを入れてくれるお店など盛りだくさんです!」

「変更を保存」をクリック。

 

ディスカッション設定

「他のコメント設定」
⇒「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする 」のチェックを外す。

「コメント表示条件」
⇒「コメントの手動承認を必須にする」にチェックを入れて、
「すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする」のチェックを外す。

「変更を保存」をクリック。

 

メディアの設定

中サイズは横300、縦500、
大サイズは横500、縦800だとちょうどいい。

「変更を保存」をクリック。

 

パーマリンク設定

「カスタム構造」にチェックを入れて、

%postname%-%post_id%

をコピペしてください。

 

その他

「投稿」「固定ページ」両方からサンプルページを削除。

カテゴリーに初期状態から存在する「未分類」
「お知らせ」スラッグは「news」に変更すると便利。

 

プラグインのインストール&有効化&設定

wp plugin app 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

プラグインとは、
スマホで言う便利なアプリのようなものです。

最低限、アドセンスサイト運営に必須なWPプラグインをまとめました。

 

ただ入れておくだけで良いプラグイン6選

※大文字と小文字の区別や、半角スペースの有無など、
ちょっと入力した文字がズレただけで見つからなくなるので、
必ず手入力ではなく下記をコピペして検索するようにしてください。

Google XML Sitemaps(Googleにサイト構造が伝わる)

No Self Pings(内部リンクをしても通知が来ないようにする)

SEO Friendly Images(アップロードした画像を自動的にSEO対策)

WordPress Ping Optimizer(記事更新の効果を最適化)

WP-PostViews(管理画面から各記事のPV数を計測)

Redirection(記事転送・301リダイレクト)

 

すこし設定が必要なプラグイン6選

 

Akismet(最初から入ってるが有効化が必要)(スパムコメント処理)

 

 

Contact Form 7(お問合せフォーム作成)

 

 

PS Auto Sitemap(サイトマップ)

 

 

WordPress Popular Posts(人気記事ランキング)

 

 

CFiltering(関連記事表示)

 

(Wordpress Related Postsよりも精度が高くてオススメです。)

 

Table of Contents Plus(目次表示)

 

 

Googleアドセンス設置

icon arrow1 r 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめアドセンスアカウント取得方法の記事

この記事で独自ドメインを取得され、
ワードプレスの設定も終わりましたら、
上記記事でアドセンスアカウントを取得できます。

 

で、『Simplicity2』の場合はどこに設置したら良いのか?を動画で解説しますね。

2018年以降、唯一のアクセス解析。サーチコンソール

※「ウェブマスターツール」とはサーチコンソールの旧称です。

 

2016年12月から、Googleに続いてヤフージャパンまでもが
アクセス解析で検索キーワードを見れないように設定してしまったので、
どんな言葉を検索して自分のサイトにやってきたのか分からなくなってしまいました。

唯一、検索キーワードが分かるツールが、
検索エンジンそのものであるGoogleが無料で提供する
「サーチコンソール」、通称「サチコ」「幸子」です。

 

ステップ5.連想ゲームをしてカテゴリーを作ってみよう

これは私独自の方法らしく、
同じことをしている方をまだ見たことがありません。

<中略>

 

icon arrow1 r 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめステップ5の詳細は私の理念に共感いただける方のみにお渡ししています。

 

カテゴリーを作る理由

1.カテゴリーを作って、サイトの歩き方を訪問者に分かりやすく伝えるため

=おもちゃや本で散らかった部屋が整理整頓されて、部屋の中に道ができるイメージ。

room messy 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

↓ ↓ ↓ ↓

room clean 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

私たちが記事をバラまくだけでなく、
訪問者が知りたい情報のまとまったページ群に
すぐアクセスできるように、
どこに何の記事があるのかをまとめたものがカテゴリーです。

 

wp category 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

例えばこちらが私の公式サイトのカテゴリーです。

コンサルの記事を読みたい人、
SNSの話を知りたい人、
SNSの中でもLINEの情報を知りたい人、
など訪問者ひとりひとりの興味関心に応えられるよう
カテゴリーページを作り分けています。

 

でもこれって結局他人の利便性のための奉仕ですよね。

私はそんな他人のことなんか気にしません。

アクセス集まれば金になるなら別に良いんじゃないですか?

というツッコミが来そうなので、2番目の理由をご覧下さい。

 

2.記事のネタ切れ防止のため

=あらかじめ作ったカテゴリーは次の記事ネタを探すヒントになる!
=近い未来の自分のためでもある!

 

慣れてる人で30記事くらい、
初心者であれば2?3記事くらい書いてしまったら、

「やばい、次何書けば良いか全く分からん」

と、ネタ切れにおちいることが必ず出てきます。

 

その時に、例えば「髪型」⇒「母」というカテゴリーがあれば、

「髪型 母」でググってみたり、
ヤフー知恵袋で入力して何かネタないか探してみよう!

と考えることができます。

 

つまり、カテゴリー名そのものが、
ネタ探しの際に検索窓に打ち込むキーワードになったり、
発想のヒントになるというわけです。

 

<中略>

icon arrow1 r 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめステップ5の詳細は私の理念に共感いただける方のみにお渡ししています。

 

ワードプレスでカテゴリーを作る方法

※「スラッグ」には英語を入力するのが一般的ですが、
いちいち英語のつづり(スペル)を調べるのがダルいという方は
ローマ字で入力すれば大丈夫です。平仮名・カタカナ・漢字でなければOKです。

 

ステップ6.鬼のように記事量産!アクセスが集まりやすくアドセンスで稼げる具体的な執筆手順

writing adsense article 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

他人にできてあなたにできないわけがない。
やればできる。やったりましょうね!!

<中略>

icon arrow1 r 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめステップ6の詳細は私の理念に共感いただける方のみにお渡ししています。

 

ステップ7.記事執筆のついでに勉強してほしい『SEO』のこと

どれだけ記事を書いても、
アクセスの集まらない書き方をしていては
中々稼ぐことはできません。

北極に行きたいのに南下するような、
方向オンチになっていると努力が水の泡になりかねません。

 

アクセスの集まる記事には色々な要素がありますが、
運に左右されにくく自分でコントロールできるのは
SEOの基本をしっかり押さえていくことです。

(SEOの世界は奥が深く、変動もしやすい不安定なものですが、
ここでは長く効果が実証されてきて、
かつ誰でも実践しやすいものを厳選してご紹介しています)

 

SEOとは?

SEOの読み方は「エスイーオー」。

意味はGoogleまたはヤフーの検索エンジンで何かを調べた時に、
自分の書いた記事が上位を取れるよう工夫することです。

 

 

で、SEOの話を分かりやすく解説しようとしても
結局イマイチ分からなかったとなりやすいので、

「マツキヨに入ったら一番前の棚に置いてる薬やコスメが一番売れるのと同じ」

と考えてください。

 

 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

検索した時に上位に表示される記事にアクセスが多く集まるので収益効果が高い
=店に入った時に一番入口に近い棚に置かれてる商品が真っ先に目に入るので
手に取ってみることも増えて購入しやすくなる。

 

お客さんの目に留まりやすい場所取り合戦が
検索エンジン上に移っただけの話、ということですね。

お店の人=Google に、どう接したら
入口近くに自社商品=記事を置いてもらえるか?=SEO

 

これを考える上で、まず押さえておけば大丈夫なものをご紹介します。

 

アドセンスサイトなら、最低限ココを押さえれば大丈夫!

1.記事のタイトルは全角32文字以内にする。

seo title number 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

例えばこのアドセンスの記事のタイトル、

Googleアドセンスアカウントの取得方法・審査突破のコツ

こちらは全角で26文字です。

 

seo title number2 【2018年最新版】アドセンスアフィリで稼ぐWPサイトの設計方法まとめ

文字数をカウントするには、最初にブックマークに入れて頂いた

なんもじ

に打ち込めばOKです。

※検索結果で、32文字よりも多く文字を入れても
「・・・」で消えてしまうため32文字以内にします。

2.「1記事あたり何文字書けば良いですか?」⇒調べられるだけ書く

基本的に、情報量の多い記事ほど検索上位が取りやすいです。

だから凄腕アフィリエイターたちが戦うジャンルでは
1記事あたり1万文字とか2万文字とかザラにあったりします。

 

当然ダラダラと関係ない話をして文字数が多いのではダメで、

「あっその項目は当サイトでは書き忘れていたな」

とライバルが思うような、ライバルには無い情報を追加する必要があります。

 

例えば今ご覧頂いているこの記事にはアフィリエイトの情報がありますが、
クリックだけで稼げるアドセンスアフィリエイトの情報に絞っているので、
クリック+商品購入(申込)で報酬の上がる成約型アフィリエイトの情報はありません。

 

もしアドセンスと成約型の両方のアフィリエイト情報を入れた記事が他サイトにあれば、
この記事よりも上位に行く可能性が高くなるということです。

(あくまで例えです)

 

ただし、1記事にかける時間が2日以上なのは危ないです。

特に最初は文章を書くこと自体が苦手だったり遅かったりするので、
スピード重視で書くのも有りです。

 

ただ、アドセンスサイトの記事なら最低1000文字は書かないと
必要な情報量をカバーできないことが多いので注意してください。

※今後も加筆修正予定ですが、
クローズド読者の方のためのパートは
クローズド読者専用の会員サイトで加筆修正予定です。

Twitterでのシェアありがとうございますm(_ _)m

Pocket


コレだ!という1本の柱をつくりたいあなたへ

2件のコメント

  • 上田淳也

    はじめまして。Zakijunと申します。
    昨日こちらのブログに出会いまして、仕事の昼休みなどで習わさせていただいております。
    大変わかりやすく読みやすいため、自分の中に少しでも落とし込むことが出来ています。

    自分は16歳から塗装職人一筋で、ブログやワードプレスなんていうインターネットの世界は畑違いなためちんぷんかんぷんで来ましたが、ネットや書籍で調べてサイトをいくつか作り、アドセンスやアフィリをやってはいますが所詮は職人上がり。レベルは知れています。
    それでも諦めずにやっているところ、こちらに辿り着きました。
    わかりやすく、たくさんのヒントをくれるこちらのサイトを教科書に希望を持って続けて行こうと思います。

    • みやえら

      Zakijunさんコメントありがとうございます。

      塗装職人でしたら、もしかして、外壁塗装のアフィリエイトなんて取り組みやすいのではないでしょうか?

      パシさんという方が外壁塗装のサイトとつくり方を公開されてるのでリンク貼っておきますね↓↓

      http://afi8.com/2014/11/11/11587/
      (外壁塗装サイト作成のストーリー)

      http://afi8.com/2013/01/21/6532/
      (パシさんのサイトのつくり方)

      ※A8.netというサイトで外壁塗装をアフィリエイトできる広告をゲットできます。

      商品・サービスをお客さんに申し込んでもらうサイトの作り方は、
      私のアドセンスサイトのつくり方とは全く違うので、
      もし外壁塗装などに取り組まれる場合はパシさんなど他サイトも参考にしてみてください。

      アドセンスサイトの場合は当記事のやり方が楽だと思います。

      実はスマートじゃない部分も多々あるのですが、「右も左も分からない状態からでも手を動かしていける」という点で優れてるかと。

      素敵なカテゴリー分けやサイト設計図なんてのは記事を書きまくってジャンルに精通してきたり、アクセス推移を見ながら何となく気付きが出てきてからで十分だと思っています。

      決して1サイト目でホームランを打とうと思わず、これがダメでも次は勝つ、みたいな不屈の精神で挑んでいってください。

      普通の人はそんな精神持ってないし、持つ必要もないので、持ってるだけで勝ちやすくなります。

      ただ、どれだけ南に向かっても北には1mmも進めないのと同じように、明らかに間違ったやり方だと全く成果が出ず、未来も見えず、辛くなるだけなので、最初のうちは誰かのやり方を守り続けて、オリジナリティは控えめにした方がいいと思います。

      今はアフィリエイト戦国時代ですので、文字通り死ぬ気で挑んでいってくださいね( ´∀`)bグッ!

コメントを残す