公開日:2017年2月11日 

正直、最近コンサルがありえないほど楽しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

header twitter1 1500 正直、最近コンサルがありえないほど楽しい

今回はブログにも載せるの止めとこうかなと思うくらい、
気持ちがちょっと飛び出たくらいのイメージで読んでもらえればと。

(メルマガでは躊躇なく出しますが)

 

タイトルの通り、最近、
コンサルをしていてめちゃくちゃ楽しいのです。

『やっと理想に近づいてきた』という感じ、
あなたにも経験ありませんか?

 

入社前の理想を入社後にぶちのめされながらも、
ある時に成長を感じてワクワクするタイミング。

 

私が今やってるコンサルは大別して3つ。

1.クローズドメンバー(全員アフィリエイター)。

2.異業種の方へのWebコンサル

3.超個別の物販アフィリコンサル

 

いずれも小規模です。(最近1と3、2と3を兼ねる申込もありました)

 

3つともこの全体メルマガでは募集していない、
超クローズドなオファーで集めた方々です。

なぜなら、小規模で始めないと、
ただでさえ体系化・言語化しきれてないのに
手が回らんやろと思ったからです。

 

自分の感覚を文章で伝えて、
でも完璧に理解はしてもらえないので
説明を工夫して、時にはイラストを使ったりもします↓↓

イラスト一例(メタファー化)

info business model1 正直、最近コンサルがありえないほど楽しい

 

info business model3 正直、最近コンサルがありえないほど楽しい

 

web marketing after 正直、最近コンサルがありえないほど楽しい

↑↑クローズドメンバーに流したメールに添えたイラストの一例。

この「補足する」という姿勢が、
「つまりこういうこと」という言語化に役立ちました。

 

画力のない自分でも、
文章の補足として添えることで
グンとクローズドメンバーの理解度を上げてきました。

クローズドメンバーは私と同じくアフィリエイターですが、
みんな、アフィリエイトの次の展望を求めて集まりました。

 

私の掲げる

「外に出るアフィリエイターになろう」

というゴールに共感してくれたんですね。

※赤い方のマニュアルサイトの1記事目の内容ですよ!

 

なので、積極的に返信もしてくれるし、
個別Skypeでは新しいアイディアも出たし、
それを取り入れたコンサルティングを異業種の方にも実践しています。

 

コレが、めちゃくちゃ楽しい。。。

 

やみつきになります。

噛めば噛むほど新しい味が出てくる。

 

私はコンサルティングには2種類あると思っていて。

1つが、アルファベット型の指導。

alphabet 正直、最近コンサルがありえないほど楽しい

すでに知っていることを、
すでに世の中にあるものを、再現させるだけのコンサルです。

 

イメージでいうと、アルファベットを子供に教えたら、
誰だって「A」と書くし、「G」の書き方を教えたら
みんな同じように「G」って書けるようになります。

 

当たり前ですよね。

 

もちろんこれはこれで大事です。

確実に成果を出せると確信できるから、
基礎スキルの習得へのモチベーションが湧きます。

 

サイトアフィリの指導もアルファベット型寄りでして、

  1. 売れる商品
  2. 売れるKW選び
  3. 検索順位の上げ方

まぁ大体どのアフィリ指導者もここをクリアさせます。

 

「稼げる状態は〇〇です。なので、〇〇を作りましょう」

 

という感じで、すでにゴールが見えていて、
そこまで来させるだけなので、
割とやりやすいし成果も出させやすいです。

 

ただこれだと、
教えてる指導者側が進化しづらい、
というデメリットが出てきます。

要は飽き始めてきたり、
時代の変化に取り残されがちだったり。

指導をしたリターンが、
お金以外には返ってきづらいんですね。

 

教え方は上手くなっても、
自分自身のスキルアップには繋がりにくいと。

やらせてること、自分がやってきたことと同じわけですからね。

理論も手法も。せいぜいジャンルが違うくらいで。

 

アルファベット型の指導に向いている人は、
ある意味特殊な才能を持っていると思います。

毎年同じアルファベットを
同じ教科書で教える小学校の先生、皮肉とかではなく、本当に尊敬します。

 

もう1つが、ドライブ型の指導です。

drive goal 500x334 正直、最近コンサルがありえないほど楽しい

〇〇へ行こうよ、と車に誘うイメージですね。

 

ゴールである〇〇が、
湯布院なのかワシントンなのかという感じで
相手によって変わるんです。

車種も相手によって違うし、
声をかける場所も様々です。

 

例えばクローズドメンバーのとある方は

「ウィンブルドンで錦織圭のスマッシュをパッと見に行ける」

がゴールでしたし、そこまで行くのに
必要な車種は「アフィリエイト」でした。

 

アフィリで収益を上げれば、どんな未来が待ってるのか?

テニスの試合を見にパッと行けるようになる。

 

そこをゴールとした形で情報発信すれば、
テニス好きな人たちが集まるので、
フォロワーが増えた時にアフィリエイトだけでなく
テニス関連のオファーができるようになるのです。

「お金があれば色んなことができる」じゃなくて、
「テニス」と具体的に絞ってる所がミソです。

 

またとあるバイオリニストの場合は

「音楽家とつくるパーティ」

がゴールでした。

 

そこに行くのに必要な車種は
今のところ「メルマガ」「FB」ですが、
どこで声をかけたら良いのだろう?という疑問が残りました。

 

バイオリニストへのWebコンサルについて悩んでいる時の私の様子はこちら

 

その後もSkypeを繰り返してヒアリングし、
ノートにも有り得ないくらいメモをしていった結果、
声をかける場所は「子育てが終わった女性がいるところ」だと分かりました。

今いる主力ファンがミドルの年齢の女性だからです。

(そのほかの背景情報も色々と教わりながらクリアにしていきました)

 

声をかけるべき相手が明確にイメージできると、
今までモヤモヤしてた雲がパッと晴れたように
声をかける場所も見えてくるのです。

 

どのSNSを集客に使うかというよりも、
この層がいればどこでもOKなんですね。

(流行りのメディアに飛びつけば良いというものではないということ)

 

・・・で、こんなふうに、
ドライブに出かけて目に映る景色が
毎回新鮮なので全然飽きないんです。

 

まさに「外に出るアフィリエイターになる」という
私のゴールとピッタリ合っています。

(使っているスキルはアフィリだけど、
外の業界に繋げることで色々な化学反応が起きる)

 

実際にコンサートに行って会場の雰囲気を知ることで、
ドライブ中、乗客に求められそうな体験イベントも考えられるし、
最初のクローズドメンバーの例で言えば
テニス観戦と絡めてアフィリの勉強会もできるわけで。

外に出る=新しい体験が自分の人生に増えて生活に潤いが出る、なんですね。

 

去年は目的なく外に出て人と会って話をして、淡々と
このビジネスモデルの着想を練っていた私ですが、
今年はドライブ型の指導を通じて、
視覚だけでなく味覚や嗅覚、聴覚など
五感が刺激される体験をしながら、あなたに発信していきたいです。

 

その芽を昨年後半からまいてきて、
やっとこさ最近ポツポツ咲いてきて、
毎日が面白くてたまりません。

鼻息荒くして興奮しながら書いたので、
ちょっと今日の記事は支離滅裂になってると思います、すいません(笑)

競合しないアフィリエイトがあります。

なぜ、飲食店やアーティストがWeb集客に成功するのか?

コメントを残す