公開日:2014年12月30日 ⇒最終更新日:2015年1月26日

芸能ブログで月収15万円を突破したわーにゃさんの言葉を小一時間考えてみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 wanya 芸能ブログで月収15万円を突破したわーにゃさんの言葉を小一時間考えてみた。

どうも、たまーに寝る時間と起きる時間が不規則になって

「カエラさんっていつ寝てるんですか(゜д゜)」

と聞かれるヘブラカエラです。

 

普段はしっかり寝てます(笑)

 

チームHKに11月29日に参加されたわーにゃさんが

1ヶ月待たずに月収10万円を芸能ブログで突破しました!

 

※2015年1月追記:最終的に月収15万円まで伸ばされました。

報酬画像


adsense 12 wanya interimreport 芸能ブログで月収15万円を突破したわーにゃさんの言葉を小一時間考えてみた。

 

わーにゃさん、おめでとうございます^^

 

わーにゃさんは11月29日に参加されたものの、
芸能ブログ自体はすでに5月から着手されていました。

 

しかし本人のコメントによれば、
チームに参加するまでの最高月収は2万円。

 

chat wanya 芸能ブログで月収15万円を突破したわーにゃさんの言葉を小一時間考えてみた。

 

チーム参加後、最初の作業報告では

まだ日給500円くらいでした。

 

chat wanya1 芸能ブログで月収15万円を突破したわーにゃさんの言葉を小一時間考えてみた。

 

わたしは最初、わーにゃさんが書かれていた

「放置気味だったブログに投稿している」

「5月から取り組んでいる」

という言葉に引っかかり、
ドメインの成長が止まってしまっていないかどうかを確認しました。

 

取得してから3ヶ月以上経過したドメインの成長度合いを1目で確認する方法

そこで、「アレ」を使って確認したのです↓↓

 

chat wanya2 芸能ブログで月収15万円を突破したわーにゃさんの言葉を小一時間考えてみた。chat wanya3 芸能ブログで月収15万円を突破したわーにゃさんの言葉を小一時間考えてみた。chat wanya4 芸能ブログで月収15万円を突破したわーにゃさんの言葉を小一時間考えてみた。

 

改めて話を聞いてみると、
ブログ自体はあくまで放置「気味」であり、
そこそこ更新はできているようでした。

 

さらに確認の意味を込めて、

「シミラーウェブ」を活用したのです。

 

chat wanya4 similarweb 芸能ブログで月収15万円を突破したわーにゃさんの言葉を小一時間考えてみた。

 

ウェブサイトのURLを入力してエンターを押すことで、
そのサイトのおおよそのアクセス数の推移や滞在時間、
検索キーワードなどを知ることのできる
優れた無料サービスです。

 

で、実際にわーにゃさんのサイトはどうだったのかというと、

 

chat wanya4 similarweb1 芸能ブログで月収15万円を突破したわーにゃさんの言葉を小一時間考えてみた。

 

こんな感じでした。

これは今改めて検索してみたグラフですが、
12月はじめに調べた時は11月のアクセス数も上昇傾向にあったので、

「ひとまずこのままこのブログを育てていく方が良い」

と客観的に判断できました。

 

まぁ、Googleアナリティクスの全期間のグラフのキャプチャーを
送ってもらえば良い話なんですけどねw

 

結果として今月中旬には2~3000円のペースになってきて、
下旬にはヒット記事が出てくるようになり、月収10万円を無事突破されました。

 

現在は日給1~3万円くらいで推移されていて、
エックスサーバーでは耐え切れないPV数なので、
チームHKで指定しているwpxクラウドに移転するようお伝えしました。

 

既にエックスサーバーから転送量過多の警告が来ているので、
早めに移転しないと年末年始の特需にサーバーがダウンしてしまう危険性があります。

 

実際わたしも、芸能ブログを実践していた時は
毎日サーバーがダウンしてサイトが繋がらなくなり、
当然直帰率や滞在時間の数字もボロボロになり、
しばらくするとGoogleから意図的に順位を下げられてしまい
泣く泣くサイトを手放した経験があります。

 

私の頃は芸能ブログ業界に「wpxクラウド」という
強靭なレンタルサーバーの存在が知られていなかったので、
エックスサーバーだけで無謀なアクセスを集める人が多かったのです。

 

せっかく芸能ブログを大きく育てつつあるわーにゃさんには
それだけは避けてもらいたいと考えています。

 

チームHKは誰がつくったものか?

ところで、わーにゃさんが月収10万円を達成された時に、

以下のようなコメントをしてくれました。

 

chat wanya 5 芸能ブログで月収15万円を突破したわーにゃさんの言葉を小一時間考えてみた。

 

 

・・・?(゜д゜)?

 

ハッキリ言ってよく分からなかったんですね。笑

 

もちろん、チームHKは私の所属している大学の演劇部と同じくらい
大切な宝だと思っています。

 

2014年はほぼチームHKに没頭した1年だったと思います。

 

チームHKの基本理念にあったのは、

「去年、何の技術も知識も経験もない、

ただの田舎の貧乏学生だった自分が始められる価格で、

きちんと努力してステップアップして、やがては

ネットだけで生きていける力を手に入れられる環境をつくる」

ことでした。もちろん今もあまり変わっていません。

※今はより「チームで成長速度を高める」という意識になっています。

 

つまり、 ベースにあったのは私のエゴです。

 

チームHKには色々と各段階に条件を設けていますが、
それもこれも一点集中してのし上がることが最良という考えがあるためです。

 

私は体育会系な部活には所属してきませんでしたが、
ビジネスが競争である以上、踏ん張んなきゃダメだと
ずっと感じていたからです。

 

で、

それはそうなんですが、

実際に今、100人近く参加者が在籍してくれて、

その内1割くらいはチーム生の口コミで参加してくれたりして、

毎朝、誰よりも早く作業報告をしてくれる人がいて、

色んな人にコメントをすることで精神的に応援してくれる人がいて、

新しく参加された人に快くあいさつをしてくれる人がいて、

一身上の都合でチームを抜けなくてはいけない人に

暖かい餞別の言葉を贈ってくれる人がいて、

会社に家庭に、ただでさえ義務がいっぱいで寝る時間を削っているのに、

それでも書ける時はチャットに自分の気付きをシェアしてくれる人がいて、

私よりも早く誰かの悩みに答えようとしてくれる人がいて、

PHPなどプログラミング関係で積極的に情報や説明を提供してくれる人がいて、

普段は黙々と作業をしているけど、ここぞという肝心どころでは

チーム生が惚れ惚れするようなYouTubeロジックを展開してくれる人がいて、

既に2015年4月の目標額を宣言してくれる人がいて、

アクセス推移や自分の今のGoogleからのドメインの評価は気になるけど、

それでも「書く書く書く」と意識を懸命に作業に向ける人がいて、

そしてそれをチャットに書き込んで他の人に刺激を与えてくれて、

誰かが10万円を突破したり、20万円を突破したり、

成果を出したらみんなで喜んでくれて、

わたしも早くブログで紹介されたいって言ってくれる雰囲気をつくってくれて、

今の収益額はほかの先輩に比べたら明らかに見劣りするけど、

それでも自分のために、同じように進む仲間のために作業報告を続けてくれる人がいて、

個別チャットで現状報告をしてくれる人がいて、

抜群の頭の回転の早さと圧倒的な作業量で突き進む人がいて、

なぜか韓国語トークに花を咲かせる人たちがいて(笑)、

わたしのツイッターの投稿をりツイートしてくれる人がいて、

過去の意外なインフォプレナー歴をこっそり教えてくれる人がいて、

インフォ〇ップ社長のいやらしかった時代を教えてくれる人がいて、

まだ指導者と言えるレベルではないのに、スカイプのグループ通話勉強会を開く

特化サイトチャットに興味を抱いて外部コミュニティから参加してくれる人がいて、

YouTubeアナリティクスのデータを開示して今取り組んでいるアイディアをシェアしてくれる人がいて、

転売ビジネスの不安定さをスカイプで教えてくれる人がいて、

 

もはやこれは私の手腕とか、
そういう話じゃないんですよね。

 

まとめ役と自分では思っているのですが、
それでも何か、それだけじゃない空気感を感じています。

 

私はチームHKを1つの生き物とは考えたくなくて、
まるですべてが連動して行動を共にしているとは考えたくありません。

 

みんな、必死に行動しています。わたしも含め。

 

爽やかに支えあっている訳ではないんです、本当は。

 

多かれ少なかれ、何かを犠牲にしつつ、

それでも掴まないといけないものがあるから、

団結して、チャットに顔出すも出さないも関係なく、

チームHKをなんとか活用して進んでいるんです。

 

毎日葛藤しながら作業する事の方がきっと多いです。

 

1つのコミュニティとして、まるで命が宿ったかのように、

一度動き出したら回すのカンタンみたいな、

そんなハッピーなものじゃないんです。

 

みんな表には出さないけれど、

個別では割と出してくれるけれど(笑)、

すごいもの背負って頑張っているんです。

 

何かこう、定型で捉えたくないんですよね、要は。

 

「こう作れば上手くいく」

「コミュニティはエネルギーの循環を~」

 

なんかそんな気持ちで、まるで公式に沿っているかのような感覚で

取り組みたくないな、そう思ってます。

 

1つの生き物じゃなくて、やっぱり1人1人がいるイメージです。

個別的に考え続けられる規模感でないとわたしが嫌なのかもしれません。

そこら辺はエゴの話になるので正解は無いと思います。

 

ということをモヤモヤ考えていました。笑

 

わーにゃさんはよく、作業報告をする時に

「今日も資産を積み重ねていきます」

と仰るんですが、それもやはり、

わーにゃさんならではだなぁと思って、見てます。笑

 

チームHKはそんな環境です(^^)

ニュアンスが伝われば幸いです!

 

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

 

PS.

よいお年をお過ごしくださいm(_ _)m

 

追記

最終的に月収15万円まで伸ばされたそうです^^

 

 

競合しないアフィリエイトがあります。

なぜ、飲食店やアーティストがWeb集客に成功するのか?

コメントを残す