公開日:2017年2月3日 

非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

107 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて

どうも、みやえらです。

 

先日のDDoS攻撃問題
いったん無事に収束しました。

 

その期間、わずか数日ではありましたが、
私のドメインに紐づくサイトは
ほぼ全て見られない状況でした。

 

私の読者限定の非売品である
マニュアルサイトも、
全く見られない状況でした。

(数日とは言え、ご迷惑をおかけしてすいません)

 

ただし、その間、
私がゼロから地道に向き合い続けてきた
人間関係は全く崩れませんでした。

 

ddos help4 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて

ddos help3 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて

ddos help5 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて

ddos help6 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて

ddos help2 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて

ddos help1 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて

 

先ほどのツイートは合計140人以上の方にRTしてもらえました。

 

単純な閲覧数でいえば、50000人を超えています。

 

私のフォロワー数は1300人なので、
自分の媒体力の約40倍のスケールにまで
話題が広がってくれたことになります。

ddos help0 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて

ツイッターで拡散してもらうには、
まずは普段からやり取りしてる人たちが
ある種の起爆剤とならないといけません。

 

単にツイッターアカウントを作って
重要なことを呟けば良いってものではないということですね。

 

※先日マニュアルサイトに書いたことですね。

 

結果的に、ツイッター経由で沢山の情報をいただき、
その情報提供のおかげで無事に復旧できました。

 

フェイスブックでも、
拡散してくれる方々がいました。

(そこから新しいコンサルのご縁もできました)

 

メルマガで周知したら、
返信で手助けをしてくださる方もいました。

 

Skypeで心配してくれる方も。

LINEアットで感謝の声を寄せてくれる方も。

 

この人脈の大切さというか、
何か目に見えない大きなものに
自分が支えられてるんだという感覚は、
やはりいざという時にならないと中々見えてきません。

 

そのために日々徳を積むというのが大事なんだと思います。

 

私ができることといえば、
ブログに備忘録記事を書く、
読者に伝えるべきと判断したものはメルマガで伝える、
コンサル企画を実施して集中的に技量を詰めてもらう、
荒削りなために表に出せなかったコンテンツを
徐々に形を整えて公開していくことで業界に貢献していく。

 

今年はSNS強化の年と決めているので、
上記の活動をSNSでも組み合わせています。

(その一例がDDoS攻撃のシェアだったわけです)

 

特に、

 

「荒削りなために表に出せなかったコンテンツを
 徐々に形を整えて公開していく」

 

というのが大事だと痛感していて、
2016年の大晦日に
一気にicon arrow1 r 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについてマニュアルサイトという形で実現させました。

 

manual site not affiliater2 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて

異業種向けのマニュアルサイト
今後もどんどんリクエストに応じた
コンテンツを投稿していって、
さらなる需要をあぶりだしていきます。

 

読者1人1人が使いやすいような、
とことん実用的なものを考えると、
対話を繰り返してコンテンツを作っていくという
今のスタイルのマニュアルサイト以外ありえませんでした。

 

manual site yes affiliater2 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて

さらに、アフィリエイター向けのマニュアルサイトも、
公開直後はクローズドメンバーから
驚きの声があがりました。

 

「ふつうに有料レベルですよね…」

 

2年前なら、コンサル無しで
あの資料だけでお金を取っていたでしょうし、
それでも十分感謝されたと思います。

 

実際、私がコンサル付きで
有料課金を取り入れていた頃の
アフィリ資料もあのような形式でした。

 

意外と気づかれませんが、
あのマニュアルサイトの作り方は
私が色々と資料を作ってきた中でも
ダントツで「取り組みやすいです」と言われたパターンです。

 

あの形式の良いところは、
上から下に順番通りにやれば
嫌でも稼げるサイトを構築できるようになっていることです。

 

よくある失敗例としては、
何個もPDFをダウンロードしないといけないせいで
資料の管理や読み直しがメンドウになることです。

 

他には、ツイッター経由で知った人のブログを何個も読んでは
色々な手法があるせいで自分に合った情報へと
うまく消化できなくなったりするケースです。

 

つまり、形式の公開自体がノウハウ公開と一緒ということです。

 

ただ、マニュアルサイトには
直接的なサポートがないので、
文面だけ読めば誰でもすぐに実行できるというわけではないでしょう。

 

自分なりにマニュアルサイトの内容を
噛み砕くことも必要ですから。

 

マニュアルサイトで紹介している

「ノートに書き出す」

というアナログな作業に面食らうかも知れません。

 

ただ、本気で稼ぎたい方が、
というか一刻も稼がないと
家族が路頭に迷うくらい必死な方が、

体系立ったマニュアルを手に入れることで
ガツンと突き抜けていく様子をたくさん見てきました。

 

あの無料のマニュアルサイトだけで
大成功する方も出てくるでしょう。

 

野獣のように作業しまくる人は
必ず一定数いますからね。

 

で、長々と書きましたがココからが本題。

 

ビジネスとして情報発信している自分が、
何で収益化できる非売品のノウハウまで
体系立てて提供しようと思ったのか?

 

それは、自分のフォロワーの平均所得を
上げたいと思ったからです。

 

私は今後、アフィリエイターの中から
異業種コンサルへと進みたい人を集めていき、
飲食店や美容師、アーティストからカウンセラーなど、
どんどん外に私たちの力を提供する活動をしたいわけです。

 

その時に、声をかけたフォロワーたちが
全くアフィリエイトの収益も出しておらず、
全く経済的にも時間的にも精神的にも余裕が無かったら、
思うように活動ができないなと考えたのです。

 

自分ひとりで巻き込めるスケールは小さいですが、
同じように外へ出て社会と関わりながら活動する
異業種コンサルに強いアフィリエイターが
やがて100人集まったら、
それなりのネームバリューを持つ企業も巻き込めるようになる。

 

そう考えたら、まず自分がすべきことは、
アフィリエイトの基本となる稼ぎ方の提供だと考えたのです。

 

あれはアフィリエイトの広い世界の中で
ほんの1粒の手法に過ぎませんが、
ズブのど素人が再現性を持って、
かつ作業量に比例して大きな安定収入を生むのにはもってこいです。

 

きっと、%%Name-email%%さんが想像している以上に
完成されたノウハウで、飽和の心配も限りなく小さいものです。

 

私はここ数年間見てきた中で、
メルマガを出す人だけが作業しまくって収益を出し、
読者がその成長について行けてないケースを沢山みました。

 

実際、わたし自身も読者に対して
明確に所得を上げられるコンテンツを配信したかというと、
中古ドメインやら文章力やらに関するもので、
断片的にしか出してなかったなと反省したんです。

 

やっぱり、イチから順序立てて学べるものは
メチャクチャ価値を持ちます。

 

アフィリエイトの稼ぎ方は
ググれば大量に出てくるんですよ。

 

怪しいものから良心的なものまで。

 

でも責任を持って、
全くのど素人から中級者まで、
一貫したやり方で成果を出せるよう
マニュアルを整えることに気を遣っている人はほとんどいません。

 

私はよく例えます。

 

「情報の海で溺れない人は、元々泳げる人だ」

と。

 

元々泳げる人は自由に取捨選択して
成功していけば良いのです。

 

ただ、世の中には初めからは
上手く泳げない人の方が圧倒的に多いことを、
沢山の方のサポートを通じて知りました。

 

そして、基礎の基礎まで噛み砕かれて、
体系立てられたマニュアルがあれば、
やがて泳げるようになる人も
沢山いることも知りました。

 

だから、

「泳げない・水に触れたこともない」

という人がいる前提を無視せず、
ダウンロードすべきブラウザの話や
専門用語には逐一例えを入れて
分かりやすくしました。

 

あのマニュアルサイトは、
今後もリクエストがあれば
適宜修正・拡充していきますが、
すでに私の経験値がコレでもかというほど組み込まれたコンテンツなのです。

 

まだチェックしてない人は大急ぎで確認して取り掛かってほしいし、
見たけど先延ばししてる人も、
外注を使っても良いので1サイト作ってみてほしいです。

 

色んなGoogleのアップデートがありますが、
あの手法は本当に安定しますので。

保険として持っておくのには最適です。

 

そして、ちゃんと記事を書いて収益を出し、
いつでもアフィリエイトの次のアクションを取れる余裕を
持っておいてほしいのです。

 

絶対に損することはありませんから。

icon arrow1 r 非売品を公開した理由と人間関係の大切さについて2つのマニュアルサイトの詳細はこちら

競合しないアフィリエイトがあります。

コメントを残す