公開日:2015年11月13日 ⇒最終更新日:2016年10月27日

YouTubeのチャンネル増設の仕様が元に戻ってるやん。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

okoru YouTubeのチャンネル増設の仕様が元に戻ってるやん。。。

コレを前向きに捉える人が成功すると思います。

どうも、メルマガ読者さんのクリックに喜ぶへブラカエラです。

 

メルマガを出してからクリック解析をする時間が
一番ドキドキしつつ楽しい時間ですね。

メルマガをやっている人しか分からないと思いますがw

 

さてさて、前回お伝えした
YouTubeのチャンネル増設制限(携帯電話番号認証)の件ですが、
チームHKの方からご連絡がありました。

ーーーーーーーーーーココからーーーーーーーーーーーー

おつかれさまです。
私のほうには制限は無いです。
2個アカウントがあるので両方試しましたが。

普段使っている一つのアカウントで、5個連続で作ってみましたが大丈夫でした。

別のアカウントでも、13個連続で作れました。ブラウザを変えてもやはり連続でも複数作れました。

もしやと思って、
動画をアップロードしつつ、
別のタブで同じアカウントを使って
新規チャンネルを作ってみましたが、
これも大丈夫でした。

もしかしてブラウザのなんらかの接続エラーだったりしませんかね?
一度ブラウザを閉じてから
再度ログインしてみるとか。

参考にならなそうですが、
一応こちらの状況報告でした。

ヘブラカエラさんが困っている
制限は、今のところ私のほうには無いです。

ーーーーーーーーーーココまでーーーーーーーーーーーー

 

Sさん、ありがとうございます!

 

テストのためとは言え5個も13個も連続でチャンネルを作るあたり、
さすが結果を出している方は行動力が違いますね。

icon arrow1 r YouTubeのチャンネル増設の仕様が元に戻ってるやん。。。関連記事Sさんの実績

 

で、私もこの連絡を受けて夜に再度試してみたんですが、
全く問題なくチャンネル増設できました(笑)

 

youtube new channel6 YouTubeのチャンネル増設の仕様が元に戻ってるやん。。。

 

※現在は↑↑のチャンネルをあえて閉鎖してます。

 

で、コレを単なる一時的なバグだったと楽観視するかどうかって話です。

 

私のミスを正当化しようとしてるわけじゃないですよ(笑)

早とちりしすぎたなーと反省してます。

 

だって、YouTubeの次のスタイルに早くみんなで向かいたいなって思っていると、
今回の一時的なエラーにもウズウズしちゃうんですよね。

 

前回のメールのクリックアンケートはまだ集計途中ですが、
現時点では美容が1位、ネットビジネス(稼ぐ系)が2位、
爆笑と感動系が同数3位でした。

 

ほうほう、といったところですね。

 

他にもクリックしていただいた方には申し訳ないのですが、
ここら辺でマネタイズチャンネルを作成していこうと思います。

 

要は『情報発信のチャンネルを作りましょう』

ただそれだけなんですよ。

 

何を持ってして情報発信チャンネルが王道なのかというと、
他のビジネスと何ら変わらないことをしようということなんです。

 

長期に稼ぐには長期的かつ安定した集客が必要だし、
マネタイズの限界をぶち破るにはアドセンス以外の収入源(成果報酬型広告など)、
できれば自分独自のオリジナル商品を持とうということなんですよね。

 

ネットビジネスのYouTubeチャンネルは既に沢山出ているので、
正直わたしが解説するまでもなく、
あなたが気に入ったチャンネルを徹底的に分析してください。

 

チャンネルごとに運営者の性格や仕事の理念が出ていて
良い悪いではなく合う合わないが必ずありますので。

 

じゃあ美容系や爆笑系は何を情報発信して
どうマネタイズに持ってくのか?
顔出しや本名出し、メルマガ発行は必須なの?

など、色々と疑問が出てくるかと思います。

 

ただ、一番の要はそれらではないんですね。

 

◆美容系は需要を作ってあげる

よく誤解されるのですが、
美容系チャンネルで闇雲にコスメのレビューに走るのはお勧めしないです。

 

私もやってみたのですが、数千再生されるものの、
やはり売れないです(笑)

 

今でこそYouTube以外でのマネタイズ経験があるので気付けましたが、
必要なのはチャンネル全体でユーザーをおもてなしすること、
そして価値観を教育することです。

 

あくどい言い方をすれば、視聴者の価値観を歪めることです。

 

丁寧に歪められた価値観を手に入れたユーザーは、
色気づいたかのようにチャンネルの虜(とりこ)になり、
日々のスマホ片手でSNSチェックをする時間にYouTubeのチェックも入れるようになります。

 

あなたのチャンネルの人気動画の再生回数推移にすら目が行くようになり、
やたらヒネクレたコメントをして来るユーザーに
愚痴をこぼすかのようにため息をつくようになります。

 

こんなユーザーを増やすのがYouTubeチャンネルのマネタイズへの道です。

 

既に購買需要のあるユーザーは、
残念ながらほとんどGoogleなど一般的な検索エンジンで検索をかけて
商品を購入していってしまいます。

 

YouTubeは「今すぐ客」なユーザーの悩みを解消してあげるのではなく、
潜在的なユーザーに悩みを認識させて「需要を作ってあげる」方がしっくり来るかと。

 

◆爆笑系は、正直チャンネルごと売却した方が早いと思います(笑)

今後はウェブサイトと同じように、
YouTubeチャンネルの売買も盛んになっていくはずです。

 

それで得た資金を元手に別の長期チャンネルを育てる方が健全かと。

 

2chや大手キュレーションサイトみたいに、
企業とコラボできるくらいの規模だったら別ですけどね。

 

また、私みたいに育てたいサイトにアクセスを横流しして
ドメインパワーを上げるなんてこともしてみたいなら別ですけどね。

 

※裏技的に、ここまでチャンネル構成を考えなくとも
1本の動画がその後数十万円~数百万円に化けるといった手法もあるのですが、
それはちょっとここでは割愛します。また別の機会に紹介するかも知れません。

 

はい。今回の記事は以上です。

前回の記事の修正と、クリックアンケートの途中経過と、
チャンネルのマネタイズについて意見を述べさせていただきました。

 

次回はウェブサイトの話になります。

とある広告会社をご紹介します。

アドセンスサイトを育てているという方はお楽しみに^^


競合しないアフィリエイトがあります。

2件のコメント

  • 田中

    アカウント停止になりました、新しくアカウントをてとり動画をあげたらまた停止。どうしたらいいですか?

    • みやえら

      すんません!

      僕もうYouTubeやってないので分からないです。

      サイトアフィリやりませんか?

コメントを残す