【PR】月10万前後稼ぐ商標1位のペラサイト公開

公開日:2015年6月24日 ⇒最終更新日:2018年2月8日

効果保証100%!アフィリエイトに役立つオススメ写経サイトまとめ

Pocket


writing 効果保証100%!アフィリエイトに役立つオススメ写経サイトまとめ

青葉若葉のみぎり、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

 

さて、私がアフィリエイトで最も重要視しているのは
リンクでも広告でも媒体でもなく、文章です。

 

この記事では、ついつい初心者が勘違いしがちな書き方と、
ライティング力を一気にプロへと押し上げてくれる
魔法のような写経サイトをご紹介します。

 

なぜ写経が必要なのか?

初めに、私は写経をオススメします。

手入力でなくとも、コピペでも構いません。

コピペした文章を何度も読んでください。

私は音読しない派ですが、
黙読での読み込みは何度もしていますし、
メモ帳にメモして読み返します。

今回ご紹介する写経サイトの特定の記事を今も常に開いているくらいです。

 

初心者の文章の最大の欠点は以下の3点ではないでしょうか。

 

1.支離滅裂

2.キーワード(共起語)不足

3.感情が動かされない

 

1番は、本来なら義務教育課程で修了すべき課題ですので、
ここでは触れません。

 

仮に1番で著しくつまづいている人でも、
今回の写経サイトで練習すれば劇的に改善されますのでご安心ください。

 

2番のキーワード不足とは、
そのテーマについて語るなら当然含まれるはずの言葉の絶対数が
不足している状態のことをさします。

 

自分が体験したことのない記事を書く時、
ネットや書籍でリサーチ(勉強)して知識を得るわけですが、
文章にする時に新しく覚えた単語を上手く吐き出せません。

 

2番については水野さんのアフィリエイト戦記の記事が役立ちますので
ご紹介しておきます。

参考:コンテンツの質の良し悪しを誰でも簡単に見極める方法

 

2番については今回ご紹介する写経サイトでモデル文章を
頭にストックするのはもちろんのこと、
たくさんそのテーマの文章を書いて慣れていくしかありません。

 

最後の3番が一番苦労するポイントでしょう。

なぜなら、ポイントが分からないと書けども書けども成長しないからです。

 

相手になんと伝えれば響くのか?

響くポイントはどこにあるのか?

買ってもらってアフィリエイト報酬をすぐにでも手に入れたい欲が丸出しにならないか?

背中を押すつもりが単なる無理強いになっていて興ざめさせていないか?

自分の人柄はどうすれば文章に宿るのか?

そもそも、感情を動かすとは?( ¯?ω?¯ )

 

いざ相手を行動に移させる文章の執筆作業と向き合うと、
迷路に入ったように足元がふらついてしまうかも知れませんね。

 

アフィリエイトの役割には以下の2点が考えられます。

 

A.ユーザーの悩みを解決すること

B.商品を欲しがらせてセールスレターへと送客すること

 

Aは論理的なので分かりやすいですが、Bは感覚的なので忘れられがちです。

アフィリエイトリンクをクリックした時のモチベーションの具合によって、
その後のセールスレターで実際に商品を買ってくれるかどうかが変化してきます。

 

先ほどの3番の感情を動かす文章というのは、Bに直結します。

つまり、文章は、成約率に直結します。

 

当然といえば当然ですが、
ここが疎かだと1000サイト作っても初報酬に届かないなんていう
恐ろしいけれども全然珍しくもない現象が起きてしまいます。

 

いわゆるゼロ×1000=ゼロってやつです。

アドセンスなら話は別ですけどね。

 

今回ご紹介する写経サイトは、
そのテーマにおけるキーワードが拾えるだけでなく、
なんと感情を動かしてユーザーを購買活動に移している事例をたくさん見ることができます。

 

それではご紹介していきます。

 

プロのライティングへと導いてくれる写経サイト

Yahoo!知恵袋

shakyo chiebukuro 効果保証100%!アフィリエイトに役立つオススメ写経サイトまとめ

URL:http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

教えてgoo

shakyo oshietegoo 効果保証100%!アフィリエイトに役立つオススメ写経サイトまとめ

URL:http://oshiete.goo.ne.jp/

 

Twitter

shakyo twitter.jpg 効果保証100%!アフィリエイトに役立つオススメ写経サイトまとめ

URL:https://twitter.com/

 

アットコスメ

shakyo @cosme1 効果保証100%!アフィリエイトに役立つオススメ写経サイトまとめ

URL:http://www.cosme.net/

 

上記4つがふだん、私の利用する写経サイトです。

※いずれのサイトにも時々サクラ業者がいますが、それは察してスルーします。

 

特にヤフー知恵袋には本当にお世話になっていて、
そのジャンルにいる生のユーザーの書く文章というのを
いろんな人の投稿を何度も読んで頭に直感でインストールします。

 

30代妻子持ちの父親には30代妻子持ち父親の、
20代OLには20代OLの、
高校2年生の男子には高校2年生男子なりの文章があります。

 

例え話も、ギャグの取り方も、末尾に「w」を使うのかどうかも、
改行の仕方も、ターゲットが異なれば確実に傾向として変わってきます。

 

あえてユーザーとは違うユニークなキャラを立てて文章を書いていくスタイルもありますが、
私はどちらかというとユーザーに寄り添う形で
ユーザーに近い人物像を文章に表現することを好むので、
生のユーザーが打ち込んでいる文章を食い入るように読み込みます。

 

私が特に感情を動かされた知恵袋の投稿

具体例として、冒頭でお伝えした

「写経サイトの特定の記事を今も常に開いているくらい」の記事をご紹介します。

URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13121812693

 

長文なので、じっくり読んでみてください。

私は男性なので、途中の化粧品のキーワードはまるでちんぷんかんぷんでしたが、

・本当に悩んでいる人の打ち込む文章とはこういうものなのか

・本当に悩んでいる人の感情を突き動かす人の文章とはこういうものなのか

がまざまざと実感できる好例です。

 

メモして、読んで、書いてみて、自分の文章に取り込む、を繰り返す

私は今回ご紹介した写経サイトでビビット来たものはメモ帳にメモしたり、
生のユーザーが使うキーワードをひたすらメモ帳にピックアップしたり、
そしてそれを読み返したり、あまりに長い文章の場合はページのURLをメモしたりしています。

 

自分が文章を書く時は何度もそのメモを読み返し、
よりユーザーの検索体験を充実させるように推敲します。

 

私は上記サイトの写経練習だけでなく
コピーライティング教材も5つほど買っているので、
知識面で文章の型を頭の中で整理できていますが、
まず写経練習に徹することだけでも全然アリです。

※成果報酬が得られるスキルが養われるという意味です。

 

最初に書いた「プロのライティング」とはすなわち、
特定の商品をアフィリエイトしようと思って書いた記事で
しっかり成約が取れることだと考えています。

 

難しく考えてしまいがちな「売れる文章」。

でも上記写経サイトを見てみると、

「えっこんなカンタンな文章でも良いんだ」と思う時もあるはずです。

何でもかんでも具体例として出した読み応えのある長い文章ではないです。

ピンポイントで質問者を購買活動に向かわせる短文回答も山ほどあります。

 

さらに、上記4サイトは閲覧だけなら完全無料です。

※アットコスメは一部有料サービス(高度検索機能)有り。

 

私としては上記写経サイトこそ
最高のライティング教材ではないかと思う時が何度もあります。

 

ぜひ写経と実践を通じて、
ユーザーに役立つ文章執筆に取り組んでいきましょう。

自分で書かないスタイルなのであれば、
外注さんにオススメしましょう。

 

そして余裕が出てきたら、コピーライティングなどセールス力が身につく教材も買ってみてくださいね^^

 

今回の記事は以上です!

 

PS.

時候のあいさつを初めて使いましたが、
時候のあいさつをまとめたサイトってあんまりSEO強くないですね。。。

 

雑学タイプのアドセンスサイトを保有している人は
時候のあいさつ関連の記事を狙うと
季節ごとに稼げるタイミングが出て美味しいと思いますよ。

 

それにしても時候のあいさつってネット上に同じ文章が腐るほどあるのに
ペナルティにはならないようですね。。。

 

PSS.

他にもライティングの参考にしているサイト、
ライター(アフィリエイター)さんは数多くいます。

 

ただそれはかなりその人のクセが出ているので、
容易に取り入れられるものではありません。

 

その点で知恵袋等上記4サイトにはクセが少なく、
でも感情を動かす・動かされている例がたくさんあるので、
ご紹介させていただきました。

 


 

Pocket


【PR】『SEO作業会』リリースしました

コレだ!という1本の柱をつくりたいあなたへ

コメントを残す