【PR】月10万前後稼ぐ商標1位のペラサイト公開

公開日:2014年2月19日 ⇒最終更新日:2016年10月27日

トレンドサイトの記事を全て削除して再審査リクエストを出した結果!

Pocket


お詫び1 トレンドサイトの記事を全て削除して再審査リクエストを出した結果!

トレンドアフィリエイト実践者が戦々恐々としている

Googleの手動ペナルティ発動。

 

 

原因を少しでも知るために、1つのトレンドサイトの記事を全て削除し、

サイドバーも外し、アドセンスも外し、魚の骨状態にして

ウェブマスターツールから手動ペナルティ解除を依頼できる

「再審査リクエスト」を出してみました。

 

?記事=コンテンツであってもコンテンツ=記事にあらず

どうも、へブラカエラです。

 

 

ウェブマスターツールに届いた

 

「実質のないコンテンツ」

「価値のない低質なコンテンツ」

 

というメッセージから1つの実験をしてみました。

 

 

「実質のないコンテンツ(=記事)を全て消せば

再審査リクエストは通り、

手動ペナルティは解除されるのでは?」

 

 

というものです。

 

 

言い換えれば「コンテンツ」とは

「記事」だけを指すのかどうかを調べる実験とも言えますね。

 

 

 

もしこれで再審査リクエストが認められれば

芸能ネタ以外で何かの特化サイトに作り直していくこともできますし、

サイトには今までアクセスを稼いできただけの基礎力が蓄えられているので

より速くサイトを成長できると考えたわけです。

 

 

再審査リクエストを出して返事を待つこと1週間ほど。

 

 

毎日確認している私のウェブマスターツールに

1通のメッセージがありました。

 

penalty5 トレンドサイトの記事を全て削除して再審査リクエストを出した結果!

 

またもや「ガイドラインに違反している」としてはねられてしまいました。

 

 

ここで言っている「ガイドライン違反」とはつまり

 

「実質のないコンテンツのまま変わっていないよね」

 

と指摘されているという意味合いです。

 

 

今回の実験から分かったことは、

Googleはサイトを0の状態に戻しただけではダメで、

ハッキリと独自性あふれる付加価値の高い

実質のあるサイトに生まれ変わったことが目に見えて分かる状態にならないと

トレンドサイトへの手動ペナルティを解除しない

ということです。

 

 

 

再審査リクエストを処理しているのは「機械」ではなく、

Google社員という「人間」です。

 

 

何もなかったかのように繕うだけの態度のリクエストは

一切お断り、ということなのでしょうね。

 

?確実に成果を期待できる努力をしましょう

もしあなたがトレンドサイトに手動ペナルティを受けていて、

何とかして解除したいと思っているのなら辞めた方が良いです。

 

 

Googleはペナルティなどの原因について

明確な答えは決して出しませんし、

数百個ものアルゴリズムによって順位変動やスパム検出を行っているので

下手なインチキも通用しません。

 

 

現状で最も希望があるのは、YouTubeに移行して

トレンドサイトの感覚を活かして先行者利益を得ることでしょう。

 

 

YouTubeはノウハウ的にまだまだ未開拓な市場の割に

1ヶ月で約10億人が利用するというビッグマーケットです。

 

 

もしあなたがYouTube×アドセンスで稼ぐ方法に興味があるなら

私のYouTube独自教材&YouTubeコンサル生募集企画の

メルマガにご登録ください。

 

 

まだ募集開始の正式な日程や参加費が決まっていないので、

そちらの無料メルマガにて優先的に情報をシェアしていきます。

 

 

それでは。
 

2014年10月29日追記:

YouTube限定のコンサル企画は無事終了しました。

YouTube独自教材は今後、チームHK生限定で発売していきます。

 

なお、手動ペナルティの解除方法を新しく記事にまとめましたので、
興味がありましたら合わせて読まれるとさらに応用力が身に付きます。

チームHKについても触れています。

 

ではでは。

 
2016年10月27日追記:

チームHKも終了しました。

現在はネット上で現実に成果を出すための愛着空間マーケティングをお伝えしています。

Webビジネスだけでなく、将来リアルコンサルにも興味がある方はぜひメルマガにご登録をおすすめします。

メルマガはこちら

Pocket


【PR】『SEO作業会』リリースしました

コレだ!という1本の柱をつくりたいあなたへ

コメントを残す