【PR】月10万前後稼ぐ商標1位のペラサイト公開

公開日:2015年6月4日 

モノを頼るなよ。

Pocket


photo 1429095687696 3227bb0aa9a8 モノを頼るなよ。Credited by?Shlomit Wolf

 

カネもカードも当てになりません。

どうも、お久しぶりです。

へブラカエラです。

( ^ω^)・・・

 

 

_人人人人人人人人人人人人_
> 実は帰国しています。 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

説明責任を果たします。

帰ってきたのは5月12日の深夜。

 

帰国途中も帰国後もトラブルが相次いで、
なんと親愛なるチームHKの方にもご報告のタイミングを逃してしまいました。

 

毎日のHKメンバーのサポートは
様々な物質を駆使することで貫いてきたので、
帰国の事実は気付かれていないはずです(意味深)。

 

そろそろ時効だろう、という訳ではありませんが、
つい数日前のトラブルでトドメを食らったような気がするので、
一度筆を取ろうと思った次第です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず、留学を経験したこの1年で多くのモノに異常が出ました。

 

留学1週間前に朝起きたらスマホの電源が付かなくなっていました。

留学開始1週間でヘッドセット(Ami Voice)が故障しました。

留学1ヶ月で持参したPCが頻繁にダウンするようになりました。

留学2ヶ月でドコモの保証サービスでもらったスマホをトイレに落として故障させました。

留学3ヶ月で日本に土日だけ一時帰国し、留学先から配給されたiPadを東京で紛失しました。

無料文章読み上げソフト「Cevio」が有料になりました。

63$で購入したワイヤレスヘッドセットが2ヶ月で動かなくなりました。

体調不良が増えました(日本人メジャーリーガーの気持ちになりました)。

PayPal口座から銀行口座への引き出しが技術的な問題で却下されました。

自分のカードだけが使えないレジがありました。

食事中に銀歯が取れて歯に激痛が走りました。

歯に詰め物をするだけで5万円取られました。

帰国のフライトがストームのせいでキャンセルになりました。

世界の中心地のニューヨーク空港には無料Wi-Fiがありませんでした。

日本に帰った翌日にPCが突然再起動を繰り返し始めて使えなくなりました。

ヨドバシ店員さんに症状を見せて首を120°ひねらせて「復旧は難しい」と告げられました。

一昨日まであったPCの在庫がヨドバシ仙台店から消えていました。

またもや歯の激痛で朝の4時に飛び起き、その日の内に歯の神経を抜きました。

 


歯と体と新しいPCに落ち着いて間もなくして、札幌に向かいました。

札幌に潜むドンケアスさんと16時から1時か2時くらいまで飲み明かしました。

ジンギスカンに酔いしれた最高の夜でした。

 

札幌を出るはずの28日の早朝に、ホテル内で財布が盗まれたことに気付きました。

 

運転免許証、クレジットカード、キャッシュカード、デビットカード、
保険証、ポイントカード、現金、領収証、秋田でしか使えない紙のバス券、
すべて目の前から消えました。

 

見知らぬ土地で身分証と金銭を失い、手元に残ったのは、
すすきの交番で受け取った遺失届けの証明書だけでした。

 

幸い、金策はまだ残っていたので、自宅に帰る選択肢はありました。

しかし、本来ならその日は札幌を出て名古屋に向かう予定でした。

名古屋の次は大阪に向かう予定でした。

大阪を出たら東京に向かい、そして6月半ばにようやく実家に戻る予定でした。

ホテルも交通手段も、すべて予約していて支払い済みでした。

 

自分の不注意のせいと言えばそれまで。

よくあるオッチョコチョイな失敗談と言えばそれまで。

 

私の日本を巡るプランは、最初の通過地点である札幌の地で、
無残に崩れ去りました。

 

このプランのためにドメインを取得して作成した新規ブログも、
更新を止めざるを得ませんでした。

 

取材中止です。

 

各カード会社へとカードの盗難の通知および
使用停止処理を電話でしてもらった後、

1人で窓を見つめていました。

 

帰国の2ヶ月前から立てていたプランが、
こんな形で終わるとは。

 

まだ信じられない気持ち、
停止済みとは言え盗まれたカードの使用状況に焦りがジワジワ押し寄せる気持ち。

 

同時に、今の自分の状況からまざまざと感じたことがあります。

 

「日本って、不便な国だな。。。」

 

この期に及んで人のせいにするのか、
と思われるかも知れません。

 

私の感じたことの意味とは、もし見知らぬ土地で、
お金と身分証明書とキャッシュカードとクレジットカードを
【すべて】失ってしまったら、どうしようもないということです。

 

野宿できる気温であれば良いですが、
真夏日であったり、逆に真冬日であったり、
地域によっては台風の出る季節であったり。

 

私は幸い過ごしやすい時期だったのですが、
おおよそ野宿の手段が通用しないケースもあるはずです。

 

まだスマホがあったので、
ネットを使って色々とその後の対策を取ることができました。

 

しかし、スマホもなくなってしまったら。

出張中に自然災害に見舞われてしまったら。

私自身3.11の被災者なので、極端な話だとは感じないのです。

 

そして今回の盗難事件。

仙台に戻るフライトを待つ間、新千歳空港の席に座り、
人目をはばからずに頭を抱えました。

 

今までの留学の最中の物質破壊の事例も踏まえ、

 

いかに「モノ」が脆いものなのか。
いかに「モノを全面的に信用すること」が愚かなことなのか。
いかに「お金とカード」が役立たずなものなのか。

 

思い知らされました。

 

今も昔も、そして今後も、
お金を稼いで、稼いだお金と磨いたスキルで、
自分の夢や未来を切り開いていくつもりでした。

 

間違いでした。

 

「間違いじゃない。それも一理ある」と思われるかも知れません。

 

わたしは、論理を組み立てる時に、
極端な前提を置くクセがあります。

 

「車を運転したら死ぬから運転しない。

免許証は身分を証明するためだけに取得した。」

 

こんなことを平気で友人に言うこともあります(ネタでもありますが)。

 

わたしは、お金を全面的に信用していましたし、
ATMがあればいつでもお金を引き出せ、
お金がわりにレジで使用できるカードも全面的に信用していました。

 

ネットとお金があれば、
あとは真心とスキルと知識だ。

 

そんな青臭いことを、何も疑わずに生きてきました。

 

違ったんです。

 

お金も大事、カードも大事、スマホも大事、
でも、カンタンに無くなってしまう

 

口座にお金がいくら入っていようが、
1円だろうが1億円だろうが、
引き出せなければ無意味だ。

 

銀行は閉まるのが早い。
仮に開いていても、口頭で身分証明はできない。

つまり、口頭で自分の資本は引き出せない。

 

今回はたまたまとある金策があったから、なんとかなりました。

 

しかし、本当につないでおくべきは人であると思うのです。

 

「すいません!ちょっと力を貸してください><」

 

現地に知人がいて、連絡手段があれば、
一声かけられます。

 

何なら交番のおまわりさんの電話を借りても良いです。

日本の警察は知りませんが、アメリカではそれが可能でした。

 

札幌は見知らぬ土地でしたが、知人(というより大先輩)がいましたし、
初めてお会いもできてお酒も酌み交わせました。

 

本当にマズい状況だったら、頼み込んでいたと思います。

「力を貸してください」と。

 

もちろんあまり感心できることだとは思いませんが、極論、
緊急事態には、モノではなく人しか頼れません。

 

モノがなくなっても、そばに知り合いがいれば。

 

私的な場面で知り合いに会うのに、
身分証明が必要ということは、あまりないと思います。

 

すぐそこに、口座に、自分が必死の思いで獲得したお金があるのに、
モノがなければ引き出すことすらかなわない。

 

でも、人は近くにいれば会えます。

 

相手の事情やスケジュールもあるので必ずとはとても言えませんが、
モノに比べた時の安心感たるや。

 

そう、精神的な安心感もまるで違うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

わたしには、知り合いが
仙台と札幌と東京と大阪と秋田と京都と千葉と福岡と沖縄とミネソタ州にしかいません。

 

ネットなら全世界と繋がれるなんて言いますが、
いざとなった時にすぐに繋がれるのは近くの人だけでしょう。

 

やっぱり、人。

それも身近な人。

 

急遽帰省となって、心配してくれた両親。

恐縮ながら「万が一の時は…」と頭によぎらせて頂いた札幌の大先輩。

 

今まで関わってきた人との縁は、自分の意識の持ちよう次第で変わると思います。

 

足りない頭に汗をかきながら相手の求める価値を推察し、
適切な形で提供して、得てきたお金。

 

自分の価値観を良い意味でこわし、新しい世界を見せてくれ、
自分を成長させてきているお金。

 

お金は本当に大事ですが、その考えを別に曲げる必要はないはずですが、
「モノ」である以上、特別視してはいけませんね。

 

「人が一番大切」ということの意味を、
自分が大ピンチになって、改めて痛感しました。

 

頭で分かっていても、若者は経験しないとダメですね。

 

盗んだ人に感謝など決してしませんが、
モノからの脱却にマインドセットを変えて行こうと思います。

 

今回の記事は以上です。

 

PS.

634712.rsz  モノを頼るなよ。

フェルメールさんが月収10万円を突破!

 

felmel blog 5 モノを頼るなよ。

 

記事はまた後ほど。

 

PPS.

今までは有料の物販アフィリがメインでしたが、
初の無料登録系に挑戦中です。

 

無料といえどアクションを起こすには
刺さるライティングが必要ですから、
試行錯誤中です。

 

サイトアフィリはやはり楽しいですね。

今回のサイトへの誘導はYouTubeからですけど。笑

 

PPPS.

yu card2 モノを頼るなよ。

引用元:http://youtubecreatorjp.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html

 

YouTubeの新機能で「カード」ってありますが、
スマホ視聴者が多い人ほどあれはオススメしません。

 

また別の機会に解説しますが、
納得してくれると思います。

 

めっちゃ計算したので。

文系なのに。

 

 

Pocket


【PR】『SEO作業会』リリースしました

コレだ!という1本の柱をつくりたいあなたへ

2件のコメント

  • ムラキ

    SEOで検索して、サーフィンしていたらサイトに当たって記事を読みました。
    大変だったですね。
    私も諸々注意して生活していきます。

    • へブラカエラ

      ムラキさん、コメントありがとうございます。

      約1年前の文章で、私も読み返しながら、「こんなことまで書いてたのか」と笑ってしまいました(笑)

      ブログって良いですね。
       
      お互いSEO頑張っていきましょう!

      へブラカエラ

コメントを残す