【PR】月10万前後稼ぐ商標1位のペラサイト公開

公開日:2014年11月29日 ⇒最終更新日:2016年10月27日

ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは?

Pocket


 

2 ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは?
 

 

 

どうも、税理士さんに提出する確定申告用の書類を淡々とまとめているヘブラカエラです。

 

今回は芸能・非芸能問わずトレンドサイトを運営している方や、
ビッグワードでのSEOを狙った特化サイト運営者には欠かせないサービスについてです。

 

ヤフージャパンが虫眼鏡&サジェスト汚染に対して本格的に対処に動き出しました。

 

先日までの虫眼鏡・サジェスト汚染の様子

2014y09m04d 101847435 ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは?

2014y09m04d 102717679 ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは?

引用元:「Yahoo!japanのサジェストと虫眼鏡が汚染されててヤバい件」

(※imgタグで同サイト管理者フミヤ氏のサーバー経由で画像を表示させています)

 

虫眼鏡やサジェストというのは関連キーワードの中でも特に
検索量の多いものを抽出してくれるサービスなので、
大多数のユーザーにとって迅速に知りたい情報にアクセスできる優れモノです。

 

しかし、「クレジットカード」「ウォーターサーバー」「脱毛」などなど、
アフィリエイトサイトを上位表示できれば月収で7?8桁行くような
超有望なキーワードでは、一般ユーザーだけが利用するはずはありません。

 

仮に自分が「クレジットカードオススメランキング2014」
という名前のサイトを所有していて、
どうも「クレジットカード」という単体キーワードでは上位表示できないとします。

 

そこでスパム業者に依頼し、
1日に何百回、何千回と「クレジットカードオススメランキング2014」
というキーワードで検索をしてもらうなど
意図的な検索操作をするとします。

 

すると「クレジットカード」の虫眼鏡やサジェストワードの候補に
「クレジットカードオススメランキング2014」が出てくる場合があります。

 

これによって、「クレジットカード」では上位表示できずアクセスが集まらなくとも、
「クレジットカードオススメランキング2014」というキーワードからアクセスが多く集まり、
短期的にでも大きな収益を上げられるという仕組みです。

 

先ほどのフミヤ氏の画像にあります通り、
2014年の11月中旬までヤフーの虫眼鏡および
サジェスト欄は業者によって意図的に操作された結果が表示されていました。

 

?Yahoo!Japanが対策した結果

現在では以下の画像の通り、「クレジットカード」など
大きな市場を有する一部のキーワードでは虫眼鏡は表示されないようになっています。

 

・虫眼鏡(検索画面最上部)

credit card mushimegane ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは?

 

・虫眼鏡(検索画面最下部)

credit card mushimegane1 ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは?

Yahoo!検索欄に「クレジットカード」と入力しても
2014年11月28日現在はサジェストキーワードは出てきません。

 

なお、非表示になったのは「クレジットカード」など
汚染されていた一部キーワードのみ適用のようであり、
芸能人の名前や、一般的なキーワードは引き続き表示されたままです。

 

credit card mushimegane2 ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは? credit card mushimegane3 ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは? credit card mushimegane4 ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは?

 

一部キーワードが非表示になった原因は?

?Yahoo!Japanがスパム業者に屈した、
というのが本当のところかと思います。

 

当然ながら、虫眼鏡やサジェストキーワードを意図的に操作するということは、
多くの一般ユーザーが本来知りたかった情報にアクセスしづらくなる危険性があり、
検索エンジンとしては非常に毛嫌いするものです。

 

かねてから問題視されてはいたものの、
Googleとは異なる独自のシステムを利用していたため、
中々スパム業者のキーワード操作を防げずにいました。

 

実際、Googleは今でも「クレジットカード」といったキーワードでも
虫眼鏡やサジェストキーワードを表示させ続けていますが、
汚染されている様子は見られません。

 

・サジェスト

credit card mushimegane5 ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは?

 

・虫眼鏡(検索画面最上部)

credit card mushimegane6 ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは?

 

・虫眼鏡(検索画面最下部)

credit card mushimegane7 ヤフーの虫眼鏡・サジェストワードが非表示になった原因と影響とは?

 

つまり、「非表示」というヤフージャパンの選択は
グーグルの技術力にもスパム業者の勢力にも負けたことを意味します。

 

非表示にすることでユーザビリティは下がってしまうわけですから、
ユーザー目線よりも自社の検索結果のブランド保身を優先させたと言えます。

 

検索アルゴリズムはグーグルのものを採用している(若干違いはあります)ものの、
その他の部分ではYahoo!Japanのオリジナリティを保ちたいのでしょう。

 

とは言え、非表示にしたことで現時点ではスパム汚染を防げているので、
今後のスパム業者の動向が注目されます。

 

非表示の影響は?

では、ヤフーの今回の仕様変更によってどのような影響が考えられるのか、
それぞれのアフィリエイターの立場で考えてみましょう。

 

芸能&非芸能ブログアフィリエイター

現状維持、しかし備えは必要。

 

非芸能トレンドブログor芸能ブログアフィリエイターの手法は
虫眼鏡など検索需要のあるキーワードを利用するものですが、
虫眼鏡そのものを荒らすスパム行為ではないので
芸能ネタの虫眼鏡まで規制対象に入る可能性は低いと言えます。

 

ただし、芸能ネタを検索するユーザーの多くは
Googleではなくヤフージャパンを使うので、
仕様変更に対して無頓着ではいられません。

 

YouTubeや特化サイトアフィリ、メルマガなど
次のステップの準備を始めるか、
今稼げるうちに芸能ブログで稼ぎまくるか、
虫眼鏡を利用できる内にブログを成長させ、
虫眼鏡以外のニッチなキーワード選定でもブログを安定させられるようにしましょう。

 

※芸能ブログの場合、ニッチ(検索ボリュームの少ない)キーワードでは
ブログは成長も安定もさせづらいです。
あくまで非芸能型の戦略と考えた方が良いでしょう。

 

?ブラックSEOサイトアフィリエイター

より強力なSEO対策または
より種類豊富な成約キーワードのリサーチが必要です。

 

ビッグワードで検索してきたユーザーを
虫眼鏡を活用してかき集められないということは、
ユーザーにとっても困っている状況です。

 

そもそもでユーザーの多くは自分で関連キーワードを考える手間であったり、
分かっていてもそれを入力する手間を省きたい生き物であるため、
なるべくビッグワード単体の検索結果1ページ目で済ませたいと考えています。

 

つまり、「クレジットカード」など
ビッグワード単体で1ページ目に上位表示できているサイトに
アクセスが集中するということです。

 

良質な中古ドメインの確保、強力なリンク階層などなど、
よりお金と手間をかけたSEO対策が必要でしょうが、
むしろチャンスとも捉えられるでしょう。

 

一方で、たとえば「ウォーターサーバー 放射能」のように、
競合の強いサイトが乱立するビッグワードに対して
より細分化された需要を捉えて行くやり方がむしろ重要度を帯びていくと思います。

 

※「ウォーターサーバー 放射能」という検索キーワードからは、
大切な家族・子供のために放射能カットできる水を飲みたいご父母が連想されますね。

 

1つの商品を欲しがるユーザー像をどれだけリサーチできるか?

あるいは、思い描けるか?

センスだけでなく経験値がモノを言う手法になるので、
まだ特化サイトに慣れていない方は
こうした「ミニ特化サイト」に力を入れていくと
ヤフーの仕様変更にも影響されず収益を出していけるでしょう。

 

ホワイトSEOアフィリエイター

現状維持、しかしビッグワード単体での成約は諦めた方が良い。

 

被リンクに頼らないでサイトコンテンツの質量で勝負する
パワーサイトアフィリエイターにとっては、
虫眼鏡などそもそもで狙っていないでしょうからやることは変わりません。

 

ニッチなキーワードを拾いまくり、
アクセス解析で発見した生きたキーワードを拾いまくり、
淡々と記事を書き続けることです。

 

しかし、仮にサイトパワーが強くなったとしても、
ビッグワード単体で成約を決めたいブラックSEOアフィリエイターが
虫眼鏡やサジェストの非表示というヤフーの仕様変更にともない
さらに強力なSEO対策を仕掛けてくることが予想されるので、
ビッグワード単体での上位表示および成約はあまり考えない方が良いでしょう。

 

ホワイトSEOであっても、
ブラックSEOの「ミニ特化サイト」と同じ成約パターンを心がけましょう。

 

つまりは細かいアクセスを大量に集めてサイトを強くしたら、
成約につながりそうなキーワードやシチュエーション、
ユーザー像をとにかくリストアップし、記事にしていき、
上位表示させて成約させるということです。

 

わたしは美容ジャンルでホワイトSEOのパワーサイトを持っているので、
ミニ特化的な記事を今増やしているところです。

 

ちなみに、ブラックSEOでのミニ特化の量産も同時並行しており、
今後はわたしと同じくホワイトとブラックの同時並行が主流になると思います。

 

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

 

?PS.

「銀行振込したいので口座を教えて下さい」

と先輩に頼んだ時に、

「フェイスブックだとアレなんで、口頭で良いかな」

と言われました。

振込口座を隠す意味ってあるんですか…( ゚д゚)??

外注さんの中には

「手渡しでお願いできますか?」

と言い出す方まで。笑

こっちアメリカ。笑

モヤモヤしているヘブラカエラです。

 

 

Pocket


【PR】『SEO作業会』リリースしました

コレだ!という1本の柱をつくりたいあなたへ

2件のコメント

  • フミヤ

    1から始めるサイト作り!そしてアフィリエイト!!を運営しております。フミヤです。僕のサイトが紹介されていたのでビックリしました。汗
    ご紹介ありがとうございます。
    それよりヤフーサジェストの件は、対策が何故ここまでなる前に取らなかったのか気になる所です。
    Googleみたいに上手くしておけばここまでならなったでしょう。
    お互い頑張っていきましょう。
    では。

    • へブラカエラ

      フミヤさん初めまして!
      コメントありがとうございます。

      サジェストに起きた現象を調べる際に
      フミヤさんの記事がとても見やすく分かりやすかったので、
      一部引用させていただきました。

      こちらこそ本当にありがとうございますm(_ _)m

      >>対策が何故ここまでなる前に取らなかったのか気になる

      仰る通りですね。
      ヤフーが何とかGoogleなみの技術力を付けようと
      抵抗していた時期が続いていたのかも知れませんね。

      で、結局諦めて、汚染の多い虫眼鏡・サジェストワードは
      一掃という手段に出たと。

      個人的にはそう考えています
      (それにしても対策遅すぎた感ありますが…)。

      私もフミヤさんのようになれるよう
      頑張ってまいります。

      コメントありがとうございました!

      それでは。

      ヘブラカエラ

4件のトラックバック

コメントを残す